【六白金星】吉方位の効果とは?旅行や転居でラッキー体質になろう

占い師 詩織
占い師 詩織
六白金星の方角に、旅行・転居したときの吉方位・凶方位効果をお伝えします!

吉方位の調べ方は、下記をご覧ください!

吉方位旅行
吉方位への旅行で開運!幸運体質に生まれ変わる方法こんにちは占い師 詩織です。 吉方位と一口にいっても、 恋愛には南東、仕事には東、金運には西など、方角と時期...
占い師 詩織オススメの無料電話占いは【こちら >>】
※目次は、読みたいところから読んでくださいね!※

六白金星とは

六白金星とは九星気学で使われる九星と呼ばれるものの一つです。

六白金星の定位の方角は西北です。

六白金星の季節は秋の終わりでやがて冬を迎える晩秋で、五行は金、十干は庚・辛、十二支は戌・亥です。

十二支は春の芽吹きから始まり、冬に植物が枯れるまでを十二の段階で表したものですが、六白金星は戌・亥なので季節の流れの最後にあたり、植物が枯れ、次のサイクルを心待ちにする時期と言えます。

六白金星は八卦では乾という卦に相当し天の働きを表します。

天は地にエネルギーを与える存在ですから六白金星は天と、天にあってエネルギーを与える太陽を象徴しています。

そして無限のエネルギーを与え、地を包み込む事から、包む・大きい・実力・動き・自動車といった象意も持っています。

それから天は完全無欠の存在とも言えるので、完全無欠・尊い・自尊心・高級・円形や球体といった対称な図形や物体も象意になります。

また、八卦の乾が天の他に主人といった意味も表す事から、六白金星の方位は主人の方位とも言われます。

その年が六白金星なのか知りたい時は西暦の年数を9で割ったあまりで調べるという方法があります。

余りが5になったら六白金星です。

ただし毎年の節分までは前年の九星が本命星になるので、節分より前に生まれた方は五黄土星になります。

心配な人は本命星を手軽に調べられるサイトを利用するのも良いでしょう。

こちらのサイトは本命星と吉方位が調べられるのでオススメです。

九星気学LAB
年・月・日・時で各方位に入る九星が変わりますから、こういったサイトを利用すれば簡単にその時の吉方位などを調べる事ができますね。

六白金星の吉方位効果

六白金星が吉方位として働くと金運を上げる方向に働きます。

例えば事業や株式投資などの他、ギャンブルなどでも同様の効果が期待できます。

六白金星は主人の方位でもありますから、経営者や店舗の主人などにとっては吉方位です。

ただし六白金星は金=金属なので「岩などから掘り出したままでは使えないが、精錬し、鍛えて磨く事で金属としての働きと輝きを見せる」という性質により、才能の発揮や運気の上昇を狙う場合は修行期間が必要になる場合があります。

六白金星の凶方位効果

六白金星が凶方位として働くと、六白金星の象意である事業や投資といったお金を手に入れる行動が上手くいかなくなるとか、騙されてイミテーションの貴金属や偽ブランド品などを本物と偽って売りつけられる可能性があります。

六白金星の吉凶効果を精密にみる方法

六白金星の方角に事務所を移す、公営ギャンブルで現地に行くといった事で移動するときに現れる象意を細かくチェックしてみましょう。

六白金星は金運に関連する方位ですから、例えば吉方位になる時は、その方角に事務所を移したら経営状況がぐっと良くなったとか、経営者としての自信が着くようになり、気持ちに余裕を持って経営に当たる事ができるようになるといった効果が予想されます。

反対に凶方位に働いている場合は、それまで上手く行っていたはずの事業が上手く行かなくなる、投資が思うようにいかなくなる、確実に儲かると言われて購入した金融商品の収益が思っていたより悪かった、といった事が立て続けに起きるようなら六白金星が凶方位として働いている可能性があります。

六白金星の象意のうち、人に関する象意をご紹介します。

六白金星は天の象徴なので、天皇陛下・教皇・聖人・大統領・首相・会長・社長などは象意になります。

また主人という象意もあるので、父・夫・経営者・資本家・オーナー・監督や指導者・政治家・軍人など、組織のリーダーになる人物は象意になります。

また六白金星は五行の金なので、貴金属や時計・金属・宝石などに関する仕事の人も象意になります。

さらにエネルギーという象意もあるので、自動車に関係する人は六白金星の象意です。

吉方位の象意例

西北の方角にある会社の社長にダメ元で融資をお願いしたところ、快く引き受けてくださった。

六白金星の方角が選挙区にあたる国会議員の秘書になってから毎日忙しく働いているが、不思議とエネルギーに満ち溢れ意欲的に活動できていると実感している。

凶方位の象意例

彼女にプレゼントしようと六白金星の方角にある量販店で高級腕時計を購入したが、いざ渡してみたらそれから彼女の機嫌がよくない。

彼女にそれとなく聞いてみると、どうやら偽ブランドだったらしく、それを会社につけていったら同僚に笑われたらしい。

場所

六白金星の象意のうち、場所に関する象意をご紹介します。

六白金星は天の象徴なので、天を連想させる場所は象意になります。

皇居・神社・仏閣・協会・その他名所旧跡など。

また貴金属=高級品・高い、という暗示から高い建物や高額商品を扱うお店も象意になります。

高層ビル・高級ホテル・三ツ星レストランなど一流の料理店や料亭・標高の高い山や山脈など。

そして六白金星は政治家や経営者という意味も持つことからそれらの人達に関係する場所も象意です。

国会議事堂・東京ビッグサイトのような博覧会会場など。

それから監督や指導者といった象意から学校や競技場は象意です。

野球場・武道館・その他各種スポーツの競技場・劇場など。

吉方位の象意例

自分にとって吉方位である六白金星の方位にある競技場で行われた陸上競技の県大会で見事一位になり、金メダルを貰った。

製造販売の会社の売れ行きが落ち込む一方だったが、六白金星の方位にある展示会場で発表した新製品の評判が良く、大手百貨店のバイヤーからは契約を打診された。

凶方位の象意例

六白金星が凶方位にあたるとは知らず、その方位になる高級料亭でお得意先の社長の接待を行ったら、機嫌を損ねてしまい取引も全て駄目になってしまった。

動物

六白金星の象意のうち動物に関する象意をご紹介します。

六白金星の干支は戌と辰で、さらに象意には天や神、権力者といったものがあるので、これらに関する動物は象意になります。

イヌ・龍や鳳凰、獅子など神獣と呼ばれる伝説上の生物。

ツル、ウマ、大蛇、イノシシなど神の使いとされる事がある実在する動物。

ライオンやトラなど強いイメージを持つ動物など。

吉方位の象意例

ある年の冬、ある町の六白金星の方位にある池に鶴が飛来した。

この辺りでは鶴が来るのは珍しいのだが、それが吉兆だったのか、その町では良い事が立て続けに起こった。

凶方位の象意例

自分のマンションから見て六白金星の方位に龍の形をした雲が現れたので吉兆だと喜んだのだが、それから間もなくして自分の経営する会社が経営危機に陥ってしまった。

六白金星の象意のうち体に関する象意をご紹介します。

六白金星は五行の金なので、金が表す部分になりますが、その中でも特に胸から上の部分と骨や神経に関する部位は象意になります。

心臓・首・頭・肺・ろっ骨・その他の骨・脳や神経など。

そして心臓から派生して血圧も象意になります。

吉方位の象意例

六白金星の方位にある病院で心臓の手術をしたのだが、術後の回復が目覚ましく、担当医が驚くほどだった。

凶方位の象意例

六白金星の方位にある工事現場で作業の様子をチェックしていたところ、下に置いてあった鉄骨に足を引っかけて転倒し、ろっ骨を折ってしまった。

病気

六白金星の象意のうち病気に関する象意をご紹介いたします。

体の象意が心臓・首・頭・肺・ろっ骨や骨格・血圧・脳や神経なので、病気もそれに関する物が象意になります。

頭痛や脳梗塞、神経過敏やノイローゼなど脳や神経の病気・結核・その他の肺の病気など。

また六白金星の象意になる部位の炎症も象意になります。

髄膜炎・骨膜炎・肺炎・腫れ物など。

吉方位の象意例

六白金星の方位にある温泉に療養を兼ねて一週間ほど旅行にいったが、神経過敏気味だったのがすっかり良くなった。

凶方位の象意例

六白金星の方位にある学校で教員をしていたが、肺結核になってしまい半年ほど休職する事になった。

食べ物

六白金星の象意のうち食べ物に関する象意をご紹介します。

六白金星は高いという意味もあるので、高級な食品や、昔は貴重だった甘いお菓子や昔は水菓子と呼ばれていた果物などは象意になります。

高級な食品・メロンやバナナ、スイカ、リンゴなどの果物・アイスクリーム・天ぷらなど。

また包まれている食べ物は包み=贈答品なので象意になります。

稲荷ずし・巻きずし・個包装のお菓子・葉や皮などで包まれている柏餅、桜餅、まんじゅう、おはぎといった和菓子・豆や落花生など殻に包まれている野菜など。

また今ではピンとこないけれども昔は高級品だった食品も象意です。

干物・氷など。

そして金の十干である辛(かのえ)から派生して辛い食べ物も象意になります。

吉方位の象意例

六白金星の方位にある畑で栽培されたメロンを快気祝いとしてお見舞いに来た人に贈ったらとても喜ばれ、復帰後の仕事は病み上がりだから大変だろうと皆が色々と手伝ってくれた。

凶方位の象意例

六白金星の方位にあるお店で買った落花生をお客様のお茶うけに出したが、その人は落花生が嫌いだったらしくそれからずっと不機嫌なまま商談を進める事になった。

そのせいか、取引の条件はこちらが不利な物になってしまった。

買い物

六白金星の象意のうち買い物に関する象意をご紹介します。

六白金星は高級や高額といった象意があるので、買い物もそれに関するものを購入する行為が象意になります。

高級時計やジュエリーなどの貴金属・真珠や水晶といった透明か白い宝石や、メノウや翡翠など古くから珍重されている宝石・金、銀、プラチナといった貴金属の製品・象牙やガラスなど透明か白系の素材で作られた製品・高級ブランドの服、オーダーの服や着物など。

吉方位の象意例

六白金星の方位にある呉服店で着物を仕立てたが、キャンペーン中との事で真珠や翡翠で作られた帯留めをサービスしてくれた。

凶方位の象意例

六白金星の方位にあるお店で真珠の指輪を購入した。

ところがその指輪をするようになってから、なぜか持っている株が次々と暴落してしまった。

あわせてよみたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です