乙(きのと)は必見!干支×地支で性格を診断-四柱推命

乙の性格-四柱推命

<h2>干支「乙」の性格とは?</h2>

干支「乙」は木(陰)で草、花などたおやかで繊細なものを表しています。

風に吹かれてなびくけれども、柔軟にやり過ごして折れる事は無く、優しい雰囲気で周囲に合わせて地道に、けれども確実に勢力を伸ばしていきます。

草本植物は、四季折々の天候に合わせて姿を変え、冬には本体が枯れてしまっても球根や種子の形で次世代に命を伝えて守ります。

乙の人も周りに合わせた行動を取る傾向があり、争いごとは嫌いますが、美しい花を咲かせるように、承認欲求が強い傾向があります。

そして、新しい環境には馴染みにくく、前に出ようとしない所があります。

しかし、例え地上部分が刈り取られても根が残っていればそこからまた葉や茎が伸びるように、芯が強く地道に努力を続ける傾向もあります。

乙申(乙-胎)の性格

乙申(乙-胎)の人は、地道にやり遂げながら時間をかけて自分の考えを貫こうとするタイプになります。

干渉される事もする事も嫌う胎の中では協調性があり周囲に合わせる事もありますが、それは自分の計画を遂行する為です。

乙未(乙-養)の性格

乙未(乙-養)の人は、人見知りになりがちな養にしては開放的で愛嬌があります。

優しい雰囲気で周囲に溶け込み、少しずつ勢力を伸ばして、いつの間にかまとめ役として頼られる存在になる事もあります。

乙午(乙-長生)の性格

乙午(乙-長生)の人は、周囲に合わせながら状況を見るのが得意で、社交性はあるのですが、直ぐに心を開こうとはしません。

損得勘定で動く事があるので、お調子者として見られてしまうので注意してくださいね。

乙巳(乙-沐浴)の性格

乙巳(乙-沐浴)の人は、気が強く、周囲の人を思い通りに動かそうとします。

地道に作戦を立てて、周囲を巻き込み、協力者を作って行動を起こします。単独行動は起こしません。

乙辰(乙-冠帯)の性格

乙辰(乙-冠帯)の人は、他人を押しのけてまで戦うよりも、頼れる人物の引き立てを得ようとします。

流行感覚に優れ、トレンドリーダーとしての役割を担い、社会の潤滑油的存在になる事もあります。

乙卯(乙-建禄)の性格

乙卯(乙-建禄)の人は、行動的で先陣を切り、組織の長として権威を持ちたいと考えます。

自分に自信があるので、差別されたり弱点を読まれたりするのは苦手です。他人の力量を見抜くのが上手いです。

乙寅(乙-帝旺)の性格

乙寅(乙-帝旺)の人は、地位も身分も関係なく気楽に交際をする傾向があり、他人への用心を忘れやすいです。

いつの間にか周囲に溶け込んでいる事も多いです。柳に風といった趣きで、トラブルに巻き込まれそうになっても、博愛精神で上手くやり過ごします。

乙丑(乙-衰)の性格

乙丑(乙-衰)の人は、じっくりと観察して体験した仕事を着実に広げていきます。

地味で慎重、粘り強いので、苦境に巻き込まれても立場が安定する機会をジッと待ちます。地位の安定を図るため、目上の人物との交際をする事を好みます。

乙子(乙-病)の性格

乙子(乙-病)の人は、周囲と打ち解けて協調性も悪くないのですが、どこか突き放した部分があり、他人の欠点を見抜くのが上手いです。

感受性が高いので、ニコニコとしているようでも内心ではストレスを溜めている事があります。

乙亥(乙-死)の性格

乙亥(乙-死)の人は、気さくなタイプです。まず自分が率先して体を張って行動します。自分で行動する事を第一とし、粘り強く勤勉に働きます。

乙戌(乙-墓)の性格

乙戌(乙-墓)の人は、処世術が抜群に上手く、社会情勢を的確にとらえて、自分の身の置き場を心得ています。

努力家ですが、主体性が無いように見られがちです。疑い深い所があります。

乙酉(乙-絶)の性格

乙酉(乙-絶)の人は、自分の思い通りに周囲を操り、動かそうとします。人付き合いは良く、集団の中で行動する事もできますが、束縛される事は嫌います。絶の中では忍耐力が有る方です。