占い講座

四柱推命で相性を調べる方法①-五行と干支編

四柱推命で相性を調べる

こんにちは、占い師 詩織です。

今回は四柱推命で相性を鑑定する方法をお伝えします!

鑑定でも非常にご要望の多い「相性」
結婚運、趣味の相性、仕事の相性、転職を検討されている方は企業との相性などを鑑定することが可能です。

有料コンテンツ5,000円分位の価値はあるはず!
ちゃーんと読んで実践すれば、よく当たると思います。ほんとに。

巷でよく見る「傷官」と「正財」だから性格は~で相性は~という短絡的な内容で相性鑑定はしません。

通偏星だけで見ても、精度は朝の星座占いか血液型占い程度だと思っています。
五行思想を理解してこそ占いの的中率が上がります。

今回は小難しいのにつまらない内容です。笑
さいごまで頑張ってくださいね!

※もしわからないところがあれば、ツイッターにコメントを頂けると幸いです!

「しあわせじゃないかも」そんな人は生き方を誤っている人。
あなただけの人生を鑑定します♪

●占い師 詩織ってどんなひと?
●ツイッターで占い雑学呟いています
●鑑定希望はこちらから

四柱推命の相性とは?

相性とひとくちにいっても、結婚の相性、恋愛の相性、友人の相性、性格の相性、趣味の相性、仕事の相性、体の相性、生活の相性など様々な「相性」が複雑に絡み合います。

相性も、良い悪いと単純なものではありません。
相手にとってはプラスだけど自分にとってはマイナスになり、消耗してしまう相性もあります。

不思議な事に、運気が悪い時は相性が悪いものや人を引き寄せがちです。
勤め先の会社が自分が消耗するだけの相性で、心身ともにボロボロになり最終的に退職を余儀なくされてしまうこともあります。

相性が良い人やものだけを取捨選択し、良いエネルギーで身の回りを固められると最強です。

相性鑑定はこんな人におすすめ

片思い中、結婚を検討中の人
自分と相手の相性を鑑定し、片思いであれば相手の好きなタイプ、付き合った後の二人の姿などを鑑定できます。
結婚を検討されている人は、相手の家系との相性や生活の相性や、長く連れ添ったときの相性がわかります。

転職先や仕事運を見たい人
自分企業の相性を鑑定し、企業の運気や社風を見た上で、自身に社風が合っているか、出世しやすい環境かなどを鑑定
できます。

その他
不動産を購入した日と自分の相性で収益性をみたり、ペットとの相性も見れます。
生年月日さえあれば、何でも相性を鑑定することが可能です!

四柱推命の命式を作成

まずは、四柱推命の命式を作成する必要があります。

私のオススメは、下記のサイトです!

精密四柱推命

 


必要項目を入力しましょう。

赤枠内を埋めればOKです。
まずは自分の「性別」「生年月日」「時刻」「タイムゾーン」は出生国、「地方時差」は国内であれば経緯度が近い都市を選択してくださいね。

赤枠外のところは、初心者さんは飛ばしてください。
上級者さんは、ぜひ自分好みにセットしましょう。

「運命命式作成」ボタンをクリックすると、「命式」が完成です!

占う相手も、同じように命式を作成します。
企業の場合は設立日を入力してください。企業の性別は、ビジネスの内容が女性向けか男性向けかで選択をしてください。

四柱推命の相性鑑定-五行編-

命式の木火土金水、五行で相性の全体感を把握します。

先ほど出した精密四柱推命の命式の少し下に、木火土金水の棒グラフが出ています。
これが五行です。これを二人分だします。
五行のバランス

※上級者の方へ
干合や三合、支合、方合などの化気した五行も考えて、五行のバランスを判断しなければいけません。
非常に難しくなるので、今回は割愛します。(割愛する分、精度は落ちるのですがまた今度。。)

四柱推命では、中庸(平たくいうと、五行が均等であること)を良しとします。
中庸=安定的な相性なので、波風なく意思疎通ができる相性です。

二人の五行グラフを足して、五行が均等になると中庸となりベストですが、
五行が均等になる相性は非常に稀です。

五行の相性と相剋

中庸にならない場合は、五行の相生相克で互いのバランスを取れるかを見る必要があります。
前回もご覧いただいた方は復習してくださいね!
今回の記事のキモであり、非常に重要です!!

五行の相生

五行相生-四柱推命で相性を鑑定
木生火木をこすり合わせると火が生まれる
火生土火は灰となり土に還る
土生金土の中で鉱物(金)が誕生する
金生水岩石の割れ目や、地層の隙間に水が生まれる
水生木水が草木を育てる

 

 

五行の相克

五行の相剋-四柱推命で相性を鑑定
木剋土木は土に根を張り養分を吸い取る。ただ根を張るため、土砂崩れを防ぐ
土剋水土は水を吸収して、せき止める
水剋火水は火を消す
火剋金火は金属を溶かす
金剋木金属(斧など)は、木を切り倒す

 

五行で相性をみる

二人の五行は相生相剋でバランスが取れるかをみていきましょう!

五行で、木火土金水がどれも同じくらいのひと

下記の五行図では、木と土の五行が少し多めですね。

相性が良い人は、火と金が多めで水があると良いでしょう。

先ほども申し上げましたが、中庸が良しとされています。
互いの五行で相剋することで中庸になるため、円滑なコミュニケーションができて、互いの欠点を補うことのできる、ストレスの無い相性になります。

五行のバランスがそろっている人の方が稀で、多くの人は図のようにバランスが欠けて少しガタガタしたグラフになります。

五行で、木火土金水のどれかが一つが多い人

下記の五行図では火が強いので、火を弱めて中庸を作る五行が吉です。

相性が良い人は、火が剋される水、火を剋す金、火から相生する土を持つ人が相性が良い人となります。
火から土を生むには力を使うので、火を弱めることができます。
相性が悪い人は、火をパワーアップさせる木が強い人、火が強い人です。

五行が極端に偏っている人は、本人の性格や考え方もちょっと偏りがちになるので、物事の得意不得意に差が出たり、わかりやすいところだと学校での教科毎の成績に大きな差が出たりします。

学生時代、国語は偏差値65だけど数学は偏差値40のような偏った成績の人は、五行が偏っている可能性大です。

上記の図のように、極端に五行が偏っている人と相性が良い人は
やはり五行が偏っている人です。

そもそも五行が偏っている人が少ないため、なかなかピッタリくる人と出会えないのですが

ただ、相性がガッチリはまる企業と出会うことができれば自身が得意なところを思う存分伸ばすことができるので、高い成果を残してトントン拍子で出世しますし、また相性がガッチリはまる人と出会うことができれば、心の底から幸せをかみしめることができます。

四柱推命の相性鑑定-干支編-

ここから少し複雑になりますので、ゆっくり読みすすめてくださいね!

赤枠の8つの漢字が「干支」です。
干支-四柱推命で相性をみる

干支には天干(赤枠)と蔵干(オレンジ枠)があります
天干と蔵干はそれぞれ役割があります。
蔵干-天干-四柱推命で相性を鑑定

天干(赤枠)
表層的な姿です。
人との相性であれば、ぱっと見た時の雰囲気が似ているのでお似合いのカップルであったり、一緒にデートしたときに行きたい場所合う、話していて盛り上がる、ノリが合うなどです。
企業との相性であれば、ぱっと見や本人の雰囲気が会社のノリに合っているかを見ます。

蔵干(オレンジ枠)
本質的な姿です。
人との相性であれば、話さなくても相手のことを理解できる、やりたいことの方向性が合致している、何もいわなくてもやってほしいことを互いに補完するなどです。
企業との相性であれば、企業すんなり溶け込めたり、会社の方針に共感することができるかを見ます。

四柱の干支

干支は命式中に8個ありますが場所によって象意がことなります。
下記の図に記載ある①~⑧と、表の内容を照らし合わせて相性を鑑定してください。

干支と役割干支と役割
項目名優先度相性の詳細
日柱天干個人や企業のベースとなる性質。全体感です。
月柱蔵干内面的な性格の相性。企業の場合は企業方針。ここがよければ、互いにストレスを感じにくい。
月柱天干言語でのコミュニケーションなどの表面的な相性。パッと見た時の雰囲気。企業の場合は売上の取り方や、アウトプット方法。
日柱蔵干本人が理想とする異性像。企業の場合は、理想とする社員像。
時柱天干晩年や結婚後など、長く一緒にいたときの、言語でのコミュニケーションなどの表面的な相性。企業の場合は数年勤務した後の姿
時柱蔵干晩年や結婚後など、長く一緒にいたときに互いがどう感じるかの相性。企業の場合は数年勤務したときの心境
年柱天干相手と自分の家庭環境による癖などの表層部分の相性。ごはんの食べ方や、挨拶など、目に見える家庭のルール的な部分です。相手の両親とうまくいくかはここでみます。
企業であれば、自身の家庭環境で染みついた幼いころからの癖と、企業の社風が合うかを見ます。
年柱蔵干相手と自分の家庭環境によって心理形成された深層部分の相性。相手の両親とうまくいくかはここでみます。

 

干合

もし下記の表に記載ある干合があれば、強く惹きつけ合います!
惹きつけあった結果の吉凶は、前項で見た五行が吉か凶かで判断してください。

干合化気五行
甲己甲己(こうき)干合して化気五行の「土」になります。甲は戊に変化し、己は変化しません。
乙庚乙庚(おつこう)干合して化気五行の「金」になります。乙は辛、庚は変化しません。
丙辛(へいしん)干合して化気五行の「水」になります。丙は壬、辛は癸に変化します。
丁壬(ていじん)干合して化気五行の「木」になります。丁は乙、壬は甲に変化します。
戊癸(ぼき)干合して化気五行の「火」になります。戊は丙、癸は丁に変化します

 

相性の鑑定例

さあ今回の記事内容を元に相性鑑定をしてみましょう!

●A君

四柱推命で相性を鑑定-A君五行

●Bさん

五行で相性を見る

A君
五行で木と土が多いため、木を剋す金と、土を漏らす水が吉。
※土を剋す木はすでに大過のため、木は凶となる

Bさん
五行で土が多めなので土を剋す木と、不足している水が吉。

まとめ
A君が吉な金はBさんには凶
A君が吉な水はBさんにも吉
A君が凶の木はBさんに吉

 

命式内の干合を確認

A君
自身の命式内で干合しています。丙辛の水化の干合です。
日柱天干丙が壬に、時柱天干辛で癸に変化しました。
※A君変化後の命式
四柱推命で相性を鑑定-命式A君変化

Bさん
自身の命式内で干合しています。乙庚の金化の干合です。
年柱蔵干庚は変化なし、時柱天干辛で癸に変化しました。
※Bさん変化後の命式
四柱推命で相性を鑑定-干合-命式の変化

※正確には、干合するので本人の命式内の五行のバランスが少し変わります。
私のやりかたで自動鑑定で五行バランスを出せるものが存在しないため、今回は割愛します。

互いの干支から相性をみる

日柱天干

全体感を表します。
A君は壬、Bさんは丁で干合しており、引き付け合います。
丁壬は木化です。?五行の木はA君にとっては凶ですが、Bさんには吉です。

月柱蔵干

内面的な性格の相性を表します。
A君は乙、Bさんは庚で干合しており、引き付け合います。
乙庚は金化です。
性格に惹かれ合いますが、五行の金はA君にとっては吉ですが、Bさんにとっては凶です。
Bさんは惹かれるが、一緒にいると相手の性格にストレスを感じ、マイナスになる相性といえます。

月柱天干

外面的なコミュニケーションを表します。
A君は己、Bさんは戊で同じ土の五行なので性質が似ています。
五行の土はA君にとっては吉ですが、Bさんにとっては凶です。
A君にとっては似たもの同士と感じ、コミュニケーションに楽しさを感じますが
Bさんにとっては同族嫌悪を感じやすくなります。

日柱蔵干

本人の理想とする異性像を表します。
A君の日柱蔵干は戊です。Bさんの月柱天干が戊なのと、Bさんの外面的なコミュニケーション方法や見た目が好みです。
しかも土の五行はA君にとって吉なので、Bさんの外面的なコミュニケーションから学びを得るなど、プラスの影響を与えます。
Bさんにとって土の五行がマイナスなので、Bさんの自分が嫌いで苦手であると感じているコミュニケーションや見た目をAさんが好いてくれます。

Bさんの日柱蔵干は己です。A君の月柱天干が己なので、Bさんの外面的なコミュニケーション方法や見た目が好みです。
しかし土の五行はBさんにとって凶なので、Aさんの外面的なコミュニケーションにストレスを感じたり、マイナスの影響を与えます。

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございます!
そしてお疲れ様でした。

様々な流派の四柱推命相性鑑定方法を学びましたが、
天干のみ干合を有効とする流派や、そもそも干合は一切有効としない流派、偏通星のみ鑑定する流派など様々あります。

私の鑑定方法は、過去の鑑定経験を元に的中率を上げるために複数の流派を混ぜこぜにした鑑定方法です。

四柱推命上級者の方で、「なんだこのやりかたは!!」とご立腹の方は静かにタブを閉じて頂けると幸いです。
ちょっと悲しいけど。笑

今回の五行思想を元に、次回は偏通星を絡めて相性の詳細を鑑定します。
「傷官」や「正財」とか出てきます。
偏通星の方がわかりやすいので、初心者の方はきっとおもしろいはず!

おまけ-十干の象意

自分で鑑定できるようになりたい方は、象意を覚えておくと便利です。

十干読み方五行象意
きのえ陽木山や大地に聳え立つ大木(樹木)
きのと陰木田園に咲く優しい草花又はつる草
ひのえ陽火壮烈な太陽の火
ひのと陰火燈火や薪炭のような人工の火
つちのえ陽土山や大地や堤防の土
つちのと陰土田園や畑の湿った土
かのえ陽金荒々しい剛金、斧
かのと陰金加工された優しい貴金属
みずのえ陽水大河に悠々と流れる水や湖水
みずのと陰水天然に降る雨や雪や小川の水