姓名判断

姓名判断20画の性格や適職とは?現役占い師が鑑定方法を公開!

姓名判断20画

こんにちは、占い師詩織です。

読みたいところから読んでくださいね!

姓名判断 20画の性格とは?

姓名判断で20画を持つ人は、少し人間関係に難が多い人だと言えます。

「20」という数字は、「2」が生死を絶え間なく繰り返すという意味、「0」が全てが無に変えるという意味があります。

「2」の数字から、連続性がなく極端な傾向があり、しかも「0」によって突然すべてを切り捨ててしまうような流れにつながってしまいます。

そのため、一度作った人間関係などを突然の行動などによって、「0」に戻してしまう可能性があります。

そのため、環境が激しく変わるような生活や職場では、本人の特性が活かされます。

20画は、とても強いギャップのある二面性があることも特徴的です。

慎重かと思えば、突然大胆な行動をしたり、無口かと思えば、突然おしゃべりになったりと、周りの人が混乱してしまうことがあるので注意してくださいね。

ただ、本人の中では連続性がないわけでなく、突然の大胆な行動も本人なりの連続性があってのことです。

なので、本人が突然衝動として起こるばくち衝動を打とうとしないで、自らの気持ちの連続性の中で、ある程度我慢し、向上心を持ち続けて、こつこつと努力を積み重ねると、次第にいい運勢が舞い込んでくるようになります。 

しかも、この20画の極端さは、努力の最中の突然の勝負のタイミングがやってきたときに、失敗を恐れずに、大胆に動ける強さを持っています。

しかも、劣勢に立たされ続けることによって身に付く感覚のするどさによって、勝負時がわかるようになってきます。

ゆえに、こつこつ努力を積み重ね、いざという時に自らの勝負運の高さを使い、自ら人生を切り開いていくのです。

20画を天格にもつ人

20画を天格にもつ人は、苗字が20画ということなので、家系としては、かなり極端で、自らの努力と勝負の見極めによって成功してきたタイプの家系と、目標をうまく見つけられず、自分の弱い部分から悪い運勢を引き寄せて、ギャンブルや投資などで失敗し、どん底生活を強いられる家系に分かれそうです。

この家系が持っている運勢は、基本的に極端なものが多いので、どうしても人間関係が安定しません。

むしろ、人の関係が移り変わっていく方が、いい運勢を呼び込みやすいです。

ただし、その中でも、目標に向けて粘り強く努力していくことが求められます。

特に極端が悪い方向に出ると、すべてを無に帰したくなるほどの辛さを味わいますが、その中でも、粘り強く、目標に対する希望を捨てないで努力し続けないといけません。

自分の欲で振り回されるからこそ、他人に奉仕するサービス業などの方が目標を持ちやすく、そちらの方面で成功しやすいでしょう。

なんにしても、この運勢がある人は自分の中の極端さを自覚したうえで、目標に対して、その極端さが勝負運として味方する時は、有効に使い、破壊衝動や自暴自棄さに現れた時は耐え忍ぶという、自分を律し続ける精神が、成功のカギとなります。

20画を人格にもつ人

20画を人格にもつ人は、人生の中盤での運勢などに20画の性格が出やすいということなので、割と極端な性格を持っています。

普段は、自己主張などはあまりせず、無口で黙々とやるのですが、真面目化と思ってみてみると案外適当だったり、遊んでいたりする、周りから見ても読めない人になりやすいです。

それ故に、周りの人との人間関係の発展を妨げてしまい、孤独になりやすい傾向があります。

しかし、ただ真面目なだけの人にはない大胆さを持っているので、その極端さを使いこなせば勝負強さとして生かすことが出来ます。

ただ、極端さに振り回されると、反対に、気分が乗らないからと言って、やるべき時に全然やるべきことをしないような見せ掛けだけで中身の空っぽな人間となってしまいます。

ゆえに、自分の中の慎重さと大胆さ、無口とおしゃべりなどというに二面性をいかに感情任せに使わずに、自分で場面に応じてコントロールし、努力を続けていくかがカギとなります。

自暴自棄モードが発動しなければ、基本的にはこつこつとひたすらにやることをやり続けられるので、自暴自棄モードが発動しかけた時に、自分で我慢して、すべてを手放さないようにし、努力を続けられるようにしましょう。

その努力の積み重ねが、この運勢の人の幸運の核となります。

20画を地格にもつ人

20画を地格にもつ人は、人生の幼少期の運勢やりから見た自分の印象などに20画の性格が出やすいので、幼少期から、極端な性格の人がそばにいたのかもしれません。

それゆえに、自分の中に極端な精神が住み着いてしまい、周りからも、性格が読めない人となりやすいです。

具体的には、普段は無口でおとなしく自己主張しないのですが、急におしゃべりになったり、自己主張し始めたりすることがあります。

また、真面目にみられていたりしたと思えば、裏で変な遊びをしていたりと、かなり読めない人になりやすいです。

ゆえに、まわりからどうしても敬遠されやすく、子供の時などは特に、自分の極端さがコントロールできずに、孤立してしまいやすいです。

ゆえに、この運勢の人は、孤立で辛い運勢の中で、なお自らをコントロールすることを必要とされます。

なので、このタイプの人が2つに分かれ、自分をコントロールできるようになって、極端な波が来ても、地道に努力を続け、成功をつかむか、コントロールできずに、自分の極端な波にのまれ、どん底の生活を送るかになります。

そのカギとなるのは、自分にとっての生きる目標を見つけられるかどうかです。

目標があれば、そのために自分を律する意味ができますが、ただ人生を過ごしていても、自分を律する理由がなく、極端な波にのまれてしまいます。

なので、この運勢を持つ人はただやみくもに自分を律するのではなく、まず人生の目標を持ってみることをお勧めします。

20画を外格にもつ人

20画を外格にもつ人は、ある程度成長してからの、自分の周りの環境などに、20画の性格が出やすいので、自分の周りには、結構極端な人が多く、気持ちが読めなくて立ち回りに苦労するかもしれません。

無口な人が突然おしゃべりになったり、真面目だと思っていた人が実は遊び人だったりと、どこを頼っていいかわからないい状況になるでしょう。

極端な環境にあることで、評価基準も安定せず、自分の存在理由ややるべきことも揺らいでしまって、自らの精神までも不安定になってしまうかも知れません。

しかしこの運勢の人に求められているのは、人生の中に明確な生きる意味・目標を見つけ出すことです。

もちろんそれは他者依存ではなく、自分なりの自分だけの意味です。

それがあることで、どんなに極端な環境でも、自分の生きる意味・目標に従って生きることで、必要以上に周りに振り回されることはなく、たとえ周りに合わせることが必要になっても、生きる意味という芯があるので、相手のペースになることもないでしょう。

ゆえに、この外運を持つ人は、自分なりの生きる意味を見出し、それに向かってこつこつと努力を続け、誘惑も目標のために耐えることで、幸運をつかんでいけるでしょう。

なお、この運勢は突然物事をリセットさせるようなことが起きる可能性が多少高いので、変な誘惑には細心の注意を払いましょう。

特に、ギャンブルや投資などは勝算がちゃんと見えないものはやらないようにしてください。

20画を総格にもつ人

20画を総格にもつ人は、人生の晩年期の運勢や、年を重ねるにつれて出てくる雰囲気に20画の性格が出やすいので、成長するにつれて、だんだん、マイペースさを帯びていく人です。

というのも、どうしても、この運勢の人は、自分の中に両極端なものを持っており、性格を単一の方向性の言葉で表しづらいです。

そのため、周りから見ても、見ただけではその人の中身が読めない雰囲気をまとっていく人が多いです。

穏やかに見えて、内側には極端なものを持っているため、突然、過激になったり、反対に無気力になったりと、忙しい人かもしれません。

しかし、普段が極端なためか、目標を持った時の集中力を鍛えている人は多く、ここぞという時の勝負運がある人も多い運勢です。

晩年になっても、自らの手で人生を切り開いていく人が多いでしょう。

しかし、一方で何に対しても適当で、ギャンブルなどにおぼれてしまう人もいるので、自分で自分を律することが出来ないと、運勢が落ちていく人もいます。

また、この運勢では、自らの極端さからか、陽気であっても1人でいる人が多く、ゆえに、結婚などをしてパートナーを見つけるのが遅くなる傾向があります。

しかも、結婚した後でも、マイペースさを貫けるような相性じゃないと関係が長続きしない傾向があります。

変に合わせてしまうのと、どこかで揺り戻しが来て、この運勢の極端さによって、お互いの運勢が落ちるということがあり得るので、マイペース差は大事にした方がいいでしょう。

20画を社会運にもつ人

20画を社会運にもつ人は、自分の社会での立ち回りや仕事運、適職などに、20画の性格が出やすいので、基本的には、極端な性格が出やすいので、どうしても人を振り回しがちになります。

ゆえに、リーダーなどにつくと部下などの下に付く人がこの人の行動で右往左往してしまって、うまくいかない傾向がありますので、リーダーはあまり向いていないでしょう。

しかし、自分の集中できる分野に対する集中力は半端ないので、何か専門的な分野で活躍していくことが向いているでしょう。

専門的でなくでも、ある役割のみを一手に引き受けて、それに関してはパーフェクトにやり遂げられる力を持ちます。

ただし、どんなに自分が集中できることでも、興味や集中に限界は来ます。

その時、自分の中の極端さが悪い方向で顔をだし、やる気を一気に失いやすいのですが、その時に自分のなかで律して、その分野に関して、持続させることが出来れば、よりその分野のプロフェッショナルに近づけるでしょう。

基本的に、極端な性格ですが、成功する時はねばりづよさがひつようになるので、覚えておくといいでしょう。

20画を家庭運にもつ人

20画を家庭運にもつ人は、自分の生まれ育つ家庭と、パートナーと作っていく家庭に、20画の性格が出やすいので、お金の執着が強い傾向があります。

というのも、この家庭運を持つ家系は、どうしても極端なところを持つので、お金がないと、その極端な行動に発展できずに、苦しくなってしまうため、お金の執着が強い傾向があるのです。

ただ、お金があったらあったで、使ってしまいがちなので、お金の執着をうまく捨てられるかがカギとなります。

特にお金の執着が強くなるほど、家族が離散したり、不仲になったりするリスクが高くなるので、なおさらお金の執着はキーポイントなるでしょう。

しかし、相手も散財タイプだったりすると、意外と、自分の身が引き締まって、散財がなくなる可能性があります。

ゆえに、運が悪い者同士が集まって、いい家庭を築くという意外性のあることもあり得る運勢です。

また、この家庭が円満に行くには、いかに極端な波の中で、家族がお互いの気持ちに寄り添えるかにあります。

それぞれが、突然自分の気持ちを吐露し始めることがあるので、その時にちゃんと寄り添ってあげるだけの余裕を持っていないと、家族が一致団結できないことになってしまいます。

20画を上運にもつ人

20画の上運をもつ人は、伸び悩むときに我慢をすることが0歳から30歳までの大きなテーマとなります。

この運勢の人は、どうしても自分の中にある種の極端さを抱えており、自分の目標や人間関係に対してうまくいくときはいいのですが、少しうまくいかないだけで大きな出来事が起きやすく、少し波乱も大きいのです。

そして、自分が波乱の中にいるときに、すべてを投げ捨てたくなってしまうのですが、その時にいかに自分の中で我慢してやるべきことを続けられるかが大きなカギになります。

このタイプは、性格は極端ですが、成功は粘り強さによる持続でつかむ傾向があるので、なおさら、うまくいかないときの我慢はカギになってくるでしょう

20画を下運にもつ人

20画の下運をもつ人は、努力の上で極端さを乗りこなすことが30~60歳までのテーマとなります。

この運勢の人は、30を過ぎたあたりから少し自分の中にいい時と悪い時の波が出てくるでしょう。

特に悪い時に起死回生の勝負を仕掛けに行きたくなりますが、この運勢ではそれは握手になりやすいです。

どんなに波が大きくてもやるべきことを地道に続け、その先に、見えた確かな勝負所で、自分の極端さの中にある大胆さを生かしていけるかで、この後の人生がよくなるかが決まってきます。

ゆえに普段は地道な努力、そして、極端さを乗りこなした上で、勝負どころを見極めての大胆さ、この二つがカギとなるでしょう。

あわせてよみたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です