姓名判断1画の性格や適職とは?

姓名判断1画
読みたいところから読んでくださいね!

姓名判断 1画の性格とは?

姓名判断で1画を持つ人は、数の始まりを示し、あらゆる現象の根源に至ると言われています。
つまり、1画とは1番であり、トップに立つことのできる大吉数とされています。
1から全てが生まれることから「生数」などと呼ばれることもあります。
一から始める、一からやり直す、などとよく言いますが、これはスタート地点から発展していくということです。
このように、発展、繁栄していくので成功を手に入れやすくもありますが、短所もあります。
「一人になる」、「独りきり」、というように、孤立をあらわす場合があります。
独立心があると捉えることもできますが、協調性に欠け、自己中心的な側面を持ちます。
ですが、幸いなことに目上からは可愛がられて援助は受けやすいでしょう。

手助けして貰った際は、目上だろうと目下だろうと感謝の一言を忘れないことで、元々の高い運気を維持することができるでしょう。

また、姓名判断において、1画の漢字は「一(いち・にのまえ・いちもんじ・よこいち・はじめ)」「乙(おつ・おと・きのと)」というように極めて限定されています。

つまり、姓と名を合わせて1画の人というのは存在しません。
姓名判断とは、五格(天格・人格・地格・外格・総格)と四運(社会運・家庭運・上運・下運)のバランスを見ますので、1画のみで判断することはありません。
この複雑さ、緻密さこそが姓名判断の醍醐味であり、面白味であると言えるでしょう。

1画を天格にもつ人

1画を天格にもつ人は、無限の可能性を秘めています。
自力で自分の能力を開拓しようとする努力を欠かしません。
才能にも恵まれていますから、持ち前の忍耐力と行動力を発揮し、果敢に挑戦します。
多少の困難にはめげない人です。

結果的に目上の引き立てを受けるので、成功しやすく、願望も達成しやすいでしょう。
ただし、成果を上げることに執着しすぎないよう、気をつけたほうが良いでしょう。
ともすると、周囲の人たちを置いてきぼりにして、一人で突っ走るような状態になりかねません。

情熱があるのは素晴らしいことですが、周りと歩調をあわせるのも、頭領運をもつ貴方の役目であることをお忘れなく。
謙虚さ、それから腰を低くして他人と接することで、人心を掴むことができ、貴方の名誉と地位はますます確固たるものになっていくでしょう。

1画を人格にもつ人

1画を人格に持つ人は存在しません。

※人格は苗字の下1画と、名前の上1画の合算で出すためです。

1画を地格にもつ人

1画を地格に持つ人は,不屈の精神の持ち主です。
女性が1画を持つと、男勝りに見られます。
それから我が強くなりますから、結婚した場合は家庭では慎むように心がけましょう。
そうすれば、家庭運も良好となるでしょう。

仕事面では、人の上に立つ力量を兼ね備えていますから、組織のなかでは皆を引っ張って行くリーダー役を担っています。
発展、繁栄の運勢で、中年期に基盤が完成します。

ただし、成功者といわんばかりに尊大な態度を取ってしまうと、周囲の反感を買うので注意が必要です。
特に年長者や上司の意見に耳を傾けることを大切に。

その人たちの苦言は耳に痛いでしょうが、一番に貴方のことをよくわかってくれています。
健康運、金運も上々です。
幸福な人生を送れる傾向にありますから、調子に乗りすぎないよう気をつければ、安泰に過ごせるでしょう。

1画を総格にもつ人

総画を1画に持つ人は、実質存在しません。

※総格は、苗字と名前のフルネーム合算になるためです。

1画を社会運にもつ人

社会運を1画に持つ人は存在しません。

※社会運は苗字と、名前の上一文字の合算になるため

1画を家庭運にもつ人

家庭運を1画に持つ人は存在しません。

※家庭運は苗字の上一文字と、名前の合算になるため

1画を上運にもつ人

上運を1画に持つ人は存在しません。

※上運は苗字の上一文字と、名前の上一文字の合算になるため

1画を下運にもつ人

下運を1画に持つ人は存在しません。

※下運は苗字の下一文字と、名前の下一文字の合算になるため

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です