姓名判断

姓名判断21画の性格や適職とは?現役占い師が鑑定方法を公開!

姓名判断21画

こんにちは、占い師詩織です。

読みたいところから読んでくださいね!

姓名判断 21画の性格とは?

姓名判断で21画を持つ人は、頭が切れ、責任感もしっかりあるリーダータイプだといえます。

「2」という数字には。生死を絶え間なく繰り返すという少しマイナスな意味がありますが、その中で、「1」という数字によって、その波の中を切り開いていくことができるので、総合的には、良い運勢に分類されます。

中年期までは割と苦労も多いですが、自分の頭の回転と、その場のことを確実にやる実行力によって、確実になりあがっていきます。

最終的にリーダーとして人の先頭に立ち、カリスマ性を持って、たくさんのひとを先導することでしょう。

完璧主義で理想が高いので、大きな目標を掲げられ、そこから、カリスマ性が来るのだと思われますが、同時に中途半端では気が済まない性格が、自分のストレスを増加させ、中年期までの苦難も生みやすいといえます。

立場が確立した後も、自分の後ろをついてくる人たちに、半端なものを見せられないという思考に陥りやすく、生活は充実しますが、心の中で、葛藤を持っていることもありそうです。

時に、重い荷物を下ろし、砕けてみることで、自分のストレスが解消されるだけでなく、他者に与えていた、厳しい印象もなくなって、より大きな器を見せられるかもしれません。

21画を天格にもつ人

21画を天格にもつ人は、苗字が21画ということなので、家系としては、代々、どこかで何かの代表をやっていることが多く、人を率いて生きてきた人が多い家系だといえます。

そのため、途中までは父親の背中を追いかける、もしくは反面教師にしながら、自分を成長させ、父親が亡くなった後から、自分のリーダー性を発揮していくでしょう。

基本的には、高い信念と、強い責任感を持ち、目の前のことを確実にやり遂げる人たちの集まりですので、信頼できる人たちが多い家系ですが、同時に、いろんなことを背負いがちで、ストレスがたまりやすい人たちでもあります。

あまりに背負いすぎて自分だけで苦しんでいると、周りにもきつい印象を与えることがあり、その印象と、やるべきことの間で悩む人も多いかもしれません。

また。自らの理想が高いことが当たり前なので、高い理想と、それに対応するほどの厳しい行動を周りに敷いてしまう人も多く、人間関係でも苦労するかもしれません。

しかし、いつかは、その経験をもとに、人の上に立ち、多くの人を率いて、成功を収めていくでしょう。

成功運が強い家系ではありますが、そこに至るまでの葛藤もしっかり経験する必要がある家系だといえるでしょう。

21画を人格にもつ人

21画を人格にもつ人は、人生の中盤での運勢などに21画の性格が出やすいということなので、プライドや理想が高く、中途半端では絶対に納得しない人が多いでしょう。

自分に厳しいのはもちろん、それが本人にとって当たり前であることが多く、それが故に、周りにも厳しさを求めてしまうことあり、人間関係で苦労するでしょう。

特に、この運勢が反省されやすい中年期においては、また、人間関係において、自分の理想と周りの行動をすり合わせる時期であるため、なかなか思い通りにいかないかもしれません。

しかし、将来、人の上に立ち、カリスマ性を持って人を指導していくための試練的意味が強いので、この時期は自分なりにもがいて、自分なりの答えを出していけばいいです。

ちなみに、高いプライドからくる、口の悪さや高圧的な態度は、他人の気持ちを逆なでしやすいので、自分なりに使い方を考えましょう。

また、恋愛などにおいて、このタイプの人は、完璧主義がゆえに、なかなかスキがなく、いわゆる可愛さがなく思われやすいです。

なので、たまには自分のすきを出せるような関係性をしっかり見つけておかないと、恋愛の時期を逃してしまうかもしれません。

21画を地格にもつ人

21画を地格にもつ人は、人生の幼少期の運勢や周りから見た自分の印象などに21画の性格が出やすいので、幼少期から、親などから、リーダーとなるべく、教育を受けていた、あるいは親などが発揮していたリーダーシップを無意識に吸収し、早くからリーダーの才能に目覚めやすいです。

もちろんほかの運勢での21画と同様に、自分のプライドからくる高圧的な態度などでの人間関係の摩擦を経験するでしょうが、この運勢の21画は比較的早めにリーダーシップを持ちやすいです。

時に親をも超えて、人を率いる力を発揮し、すぐれた統率力を持つでしょう。

時にはったりを言ったり、わざと強い言葉をいったりしながら、周りを上手くコントロールし成功を収めていきやすいです。

ただし、早くに成功しやすい分、自信過剰になりやすい傾向があるため、成功を続けられるかは、早めに自分の傲慢さに気づけるかにかかっています。

特にこの運勢は、やることは完ぺきにやり遂げるタイプなので、自分のやったことにはプライドを持っており、それが傲慢さを見落とす落とし穴になりやすいです。

乗りに乗っていても、心の中で謙虚さをどこか片隅に置きながらやれるといいでしょう。

なお、このタイプの女性は男勝りになりやすい傾向があります。

21画を外格にもつ人

21画を外格にもつ人は、ある程度成長してからの、自分の周りの環境などに、21画の性格が出やすいので、自分の周りには、完璧主義な人が多いかもしれません。

故に、成果を出すにしても生半可なものは許されず、常にその時できるMAXを求められ続けることになります。

この環境になれていないと、精神的に疲弊しやすいですが、ある意味、いろんなことをもまれながら知っていくいい機会でもあります。

また、この運勢を持つ人は、周りにプライドが多い人も多いために、自分のやり方がただしいとするたちが固まった派閥の存在を経験しやすいです。

そのため、上手くやっていかないと、派閥争いの中で、板挟みになってしまうこともあるかもしれません。

しかし、その高いプライドが、高いレベルの仕事を生み、常に高いレベルの環境で自分を成長させていくことができます。

なので、まわりを上手く自分の成長に使いながら、リーダーとしての経験を高めていってほしいです。

なお、この運勢を持つ人は、恋愛などでも完璧主義に振り回されやすいので、押し負けて、自分を押し殺すと、一方的に振り回されやすくなります。

なので、自分の主張はしっかり言っていきましょう。

21画を総格にもつ人

21画を総格にもつ人は、人生の晩年期の運勢や、年を重ねるにつれて出てくる雰囲気に21画の性格が出やすいので、成長するにつれて、常に人の先頭を行く、権力や支配欲が強い雰囲気を醸し出しやすいでしょう。

いい意味でも悪い意味でもガツガツした印象を与えやすく、言葉や行動が真っすく一辺倒だと、周りから壁を作られてしまいます。

しかし、いい意味でも悪い意味でも人を惹きつける雰囲気なので、いかに周りを懐柔し、自分の味方につけられるかで、この運勢の良さを引き出せるかが変わって来そうです。

もちろん、この画数の運勢はすべての運勢の中で、良い運勢なので、目の前に来たものに対し必死に悩み、真摯に受け止め続けた人は、周りを懐柔させられるような力を持ち、惹きつける雰囲気がカリスマ性に変わっていきます。

しかし、自分の中のプライドに傾倒しすぎて、自信過剰になり、自分の問題点を棚上げにしてしまった人は、ただガツガツしていてうっとうしい人になっています。

そのため、晩年の運勢をよりよくできるかは、そこまでの苦難に対して、自分なりに考え続け、自分なりに立ち向かい続けたかによって大きく変わっていくでしょう。

21画を社会運にもつ人

21画を社会運にもつ人は、自分の社会での立ち回りや仕事運、適職などに、21画の性格が出やすいので、この運勢の人は、根っからのリーダー・指導者タイプだといえます。

リーダーになるべくして、高いプライドと完璧主義を持ち、人間関係の葛藤を背負ってきた人なので、この人が途中経過ではともかく、最終的なキャリアでリーダー的なポジションに付けないと、まさしく宝の持ち腐れ感が強くなります。

本人にも権力欲や支配欲があるので、それが満たされずにいじけたようになってしまうかもしれません。

そのため、この運勢の人が輝くには人の上に立つポジションだといえそうです。

そこへたどり着くためには、人の上に立つための必要な能力を磨き、場合によっては資格を手に入れていく必要があるでしょう。

特に、能力は、単に指示ができるだけでなく、部下の精神管理などを学んでいく必要があります。

特に、この人自身は理想が高く、行動力もあるので、他人にそれを求めてしまって、失敗するケースがあるので、なるべく、勉強の段階で、他人との距離感や相違点を学び、それらを調節しながら、指示を出せるような訓練をしておく必要があるでしょう。

21画を家庭運にもつ人

21画を家庭運にもつ人は、自分の生まれ育つ家庭と、パートナーと作っていく家庭に、21画の性格が出やすいので、一致団結できるかで生活の質が大きく変わります。

他の運勢では、ソロプレイでもいいタイプの運勢もありますが、この運勢の場合は、家族からの信頼、信用を得ないと、自分のやりたいような行動がしづらい傾向があります。

そのため、自分が育つ家庭に白、成長して自分が持つ家庭にしろ、その過程を構成する人たちの信頼関係が必要不可欠となります。

その際、どうしても、自分の中の理想が強いせいで、周りとのギャップを生み、摩擦を起こしてしまうことがあるので、家族であっても自分とは違う他人であるということをしっかり自覚しておく必要があるでしょう。

信頼関係さえ取れれば、ワンマンでも成り立つ家系で、お金などの回りや貯まりもよくなり、円満な家庭となりやすいです。

ただし、独善的になれば当然信頼も落ちて、上手くいかなくなるので、家族のためという意識があるのが大前提となります。

なお、この家庭運を女の人が持つ場合、自分が家庭を引っ張っていくような男勝りの役割を持ちやすいので、信頼関係をしっかり持ちつつ、積極的に、引っ張っていきましょう。

21画を上運にもつ人

21画の上運をもつ人は、他人に厳しくなりすぎないことが0歳から30歳までの大きなテーマとなります。

この運勢の人は、どうしても自分の中に完璧主義を抱えており、物事を完璧に遂行しようとします。

それが自分だけだったらいいのですが、それが当たり前だと思っていることが多く、完璧にやろうとしない周りを非難したりしやすくなります。

しかし、物事には程度という元があるため、完璧にやればいいわけでもありません。

その人なりのやり方でそれぞれが活きているので、そのそれぞれのやり方を許容できるようになることが、この運勢を持つ人の課題になってきます。

それができるようになると、元々持っているリーダーシップで周りを動かすことができるようになってくるでしょう。

21画を下運にもつ人

21画の下運をもつ人は、自信過剰になりすぎないことが30~60歳までのテーマとなります。

この運勢の人は、30を過ぎたあたりから自分の中に「それなりにここまでやってきた」という自負が生まれやすいです。

それが高いプライドにつながり、より高い向上心につながっていくのですが、同時に、自分は頑張れば何でもできるという過剰な自信に傾きやすいです。

しかし、人間には限界がありますし、一人で頑張るより、複数人で協力したほうがいい時もあります。

自信過剰で他人を寄せ付けなくなるのではなく、弱いところはちゃんと認めて、他人にそれをお願いできるようになると、この人のリーダーシップが一段階上がっていくでしょう。

あわせてよみたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です