姓名判断

姓名判断32画の性格や適職とは?現役占い師が鑑定方法を公開!

32画 姓名判断

こんにちは、占い師詩織です。
姓名判断の32画の性格、適職についてお伝えします。

読みたいところから読んでくださいね!

姓名判断 32画の性格とは?

姓名判断で32画を持つ人は、幸運に恵まれ、突然良いことが起こる運勢を持っています。

また、大らかな人柄によって、周りの人から愛される傾向があるので、前向きに希望を持って歩んでいけます。

ただ、もともと、「3」という数字は、「希望や発展」というプラスのイメージなのですが、そこに1の位の数字で「2」という極端な数字がつくことで、「幸運も不運も突然起こる」というイメージになるので、転落することもあります。

しかし、基本は「3」の「希望と発展」の意味が勝っている傾向があるので、成功と不運を繰り返しながらも、全体的に見ると上り調子になっていくことでしょう。

気を付けるべきこととして、この運勢の人は、基本的に運気の変動が突然やってくるので、その変化に振り回されすぎないことが重要になります。

特に精神面で疲労してしまうと、次の上昇気流に乗れなくなる可能性があるので、不運の時期は自分のケアを多めにやって次に備えるという、切り替えが必要になるでしょう。

また、この運勢の人は、外から突然運気の変化がやってくるので、人間関係をないがしろにしていると、周りからいい運気がやってこなくて、幸運がやってこなくなります。

故に、普段から他人に感謝を示したり、他者を助けたりと、他者を大切にする行動を大切にしてください。

32画を天格にもつ人

32画を天格にもつ人は、苗字が32画ということなので、家系としては、昔から、エネルギッシュで前向きに行動することができることから、リーダーとして活躍することも多かったようですが、運気の波が大きく、良いことも悪いことも含めて人より多く経験してきた人が多かったようです。

もちろん持ち前のエネルギー溢れる前向きさは、周りの人に伝搬していくので、信頼は高かったでしょう。

ただ、周りの人を大切にするかによってこの運勢は大きく変わるので、周りの人を大切にしてきた人は浮き沈みがあっても、最終的に幸運をつかみ、大切にしない人は、最終的に落ちて終わる人が多いように感じます

故にこの運勢を持つ人は、家系的に浮き沈みを持つのはある程度仕方ないので、まず沈んでいる時に、持ち味の前向きさを出し続けられるかがカギになります。

沈んでいる時に、自分の前向きさを失ってしまうと、次につながる種をまけなかったり、幸運の兆しをキャッチできなかったりするので、前向きさは失わない方がいいです。

同時に、どんな時であっても、周りの自分を信じてくれる人を大切にしましょう。

それをしないと、そもそも幸運を運んできてくれる人がいなくなるので、絶対に大切にしてください。

32画を人格にもつ人

32画を人格にもつ人は、人生の中盤での運勢などに32画の性格が出やすいということなので、理想が大きく、エネルギッシュで前向きに進んでいける人です。

ただし、どうしても運勢が極端なきらいがあるので、人より大きな浮き沈みが自分の意図しえないところで起こりえます。

特に沈んだときには、自分を見失って、いろんなことが面倒臭くなったり、夜遊びやお酒で問題を起こしたりしやすくなります。

しかし、あくまでこの人の持ち味は、エネルギッシュで前向きな部分なので、沈んでいる時でも自分を見失わないようにする方が努力を持続出来て成功するでしょう。

また、エネルギッシュで前向きな部分を見失いようにすることで、つぎの幸運の兆しが見える場合も多いので、そういう面でも自分は見失わないように気を付けてください。

自分の理想故にプライドが高い傾向がありますが、運勢的には他者から幸運をもたらされるので、時にプライドを捨ててでも、他人を助けたり、他者を大切にしたりすることが必要な場面もあります。

特に、浮き沈みがある中で、他者を大切にすることをやめると、その分だけ幸運が起こりにくくなり、不運が拡大していきます。

ゆえに、この運勢にとって他者との関係というのは、絶対的に大切にするべきものだといえます。

32画を地格にもつ人

32画を地格にもつ人は、人生の幼少期の運勢や周りから見た自分の印象などに32画の性格が出やすいので、幼少期から、人の上に立つことが多かったかもしれません。

多くの人の助けを借りて、幸運をつかんでいく人で、故に人とのつながりが多い人だといえます。

そのため他者との関係の作り方が上手く、自然と他者から慕われて、リーダーとなる可能性が高くなります。

この人自身も大きな将来へのビジョンをしっかり持て、しかもそれに向かってエネルギッシュで前向きに進んでいくことができる人なので、その面でもリーダーに抜擢されやすいということはあるかもしれません。

ただ、この人の運勢は他者に左右されるがゆえに、大きく浮き沈みがあり、良いこと尾も悪いことも、いろんなことを経験することになります。

その中で、ふてくされて前向きさをなくしてしまうと、変に他者とのかかわりを求めるようになるので、異性交遊が激しくなったり、金銭的な浪費が激しくなったりと、悪い方向に向かっていってしまいます。

前向きさがあるときの方が確実にこの人は輝くので、なるべく自分というものを見失わないようにしましょう。

そして、その手助けになるのも人間関係なので、人間関係は大切にしましょう。

32画を外格にもつ人

32画を外格にもつ人は、ある程度成長してからの、自分の周りの環境などに、32画の性格が出やすいので、自分の回りは、明るくエネルギッシュに突き進んでいく人が多いと思います。

未来のビジョンをしっかり持っている人も多いので、とても頼りになる人かもしれません。

ただ、相手は、他者とのかかわりの中で本領を発揮する人なので、少しプライベートとパブリックなものは分けているかもしれません。

頼りになる人が多いのはいいことですが、この運勢を持つ人はどうしても、他者のビジョンの上に乗っかりがちなので、自分の将来設計はしっかり持ちましょう。

その上で、意外と周りの人たちの運勢の浮き沈みのカギを自分が握っていることが多いので、周りが上がっている時はその恩恵を最大限享受し、反対に周りが沈んでいる時は、周りの前向きさを思い出させてあげられるように、または、前向きさの障害を取り除いてあげるように立ち回ると、周りの調子をサポートできます。

回りの調子が上がってくると、自分の運勢も自然と上がってくるので、そのような立ち回りを心がけるといいでしょう。

ただし、ビジョンまで流れに合わせてしまうのはよくないので、良い運勢の中で、自分の方向性もしっかり持っておきましょう。

32画を総格にもつ人

32画を総格にもつ人は、人生の晩年期の運勢や、年を重ねるにつれて出てくる雰囲気に32画の性格が出やすいので、成長するにつれて、エネルギッシュで前向きな行動で周りを引っ張っていけるような雰囲気ができます。

調子がいいと、いろんなものに対して直感でよいか悪いを判断できるまでになり、かつそれに非常に自信があるので、周りも信頼しやすく、周りから慕われることも多いでしょう。

ただ、同時に、運気的に浮き沈みが激しくなっていきやすいです。

その理由として、今までより他者とのかかわりが増えていくので、それに伴う影響だといえます。

その際に自分が振り回されて精神的なものが落ち、前向きさを失ってしまうと、そこまで出していた覇気の様なものがなくなってしまうので、周りからの信頼感も落ち、自分としてもいろいろな面でやる気がなくなってしまうので前向きさを失わない様にしましょう。

ただ、この人の幸運の原因も同様に他者であることが多くなるので、他者とのかかわりを切ることで、自分を保つことはしないようにしましょう。

人間関係を維持したまま、割り切るなり、受け流すなり、あるいはどこかで発散するなどして、前向きさを保てると、やがて周りから自然と幸運をもたらされるような運勢だといえます。

32画を社会運にもつ人

32画を社会運にもつ人は、自分の社会での立ち回りや仕事運、適職などに、32画の性格が出やすいので、この運勢の人は、明確なビジョンを持て、それに向かってエネルギッシュで前向きにしっかり努力して仕事をこなしていけます。

それゆえに、1人でもちゃんと進んでいける人ですが、少し周りからの運勢の流れによって、幸運をつかむ傾向が強いので、なるべく他者とかかわりを持って仕事などをやっていくといいでしょう。

つまり、1人でやるとしても、取引先やお客が多くあるような仕事の方が、他者から幸運が舞い込んできて成功しやすいといえます。

また、向いている役割としては、やはりビジョンをしっかり持って前向きに行動できるという点から、周りが信頼してついていきやすいので、リーダー的なポジションだといえます。

この場合、部下を持つがゆえに悩みや他者から舞い込む不幸も多くなりやすいので、浮き沈みが激しくなりやすいですが、前向きに周りを引っ張り続ければ、やがて成功が舞いこんでくるでしょう。

そのかわり、リーダーとして少なくも周りがいる環境では、周りが信頼できるような前向きさをもち、同時に周りをちゃんといたわれるような器の大きさが出せるように、日ごろから、努力しておく必要があります。

32画を家庭運にもつ人

32画を家庭運にもつ人は、自分の生まれ育つ家庭と、パートナーと作っていく家庭に、32画の性格が出やすいので、家庭内の運勢はよく、良い環境で過ごすことが多いです。

パートナーにも恵まれ、持ち前の明るさで、家庭内を前向きな雰囲気にできるので、愛情という面でも、経済的な面でもいい生活となるでしょう。

ただし、多少浮き沈みがあるので、この運勢の人が、沈んでいる時に、家族を大切にしなくなったり、家族にあたったりすると、運気が落ちます。

少し辛いこともありますが、前向きな部分をなるべく保ったまま、家族を大切にし続けられる方が、家族から愛情なども返してもらいやすいでしょう。

もしどうしても、辛い時は、むやみにその辛さを当たるなどではなく、ちゃんと辛いと腰を据えて相談すると、普段から大切にしている家族はちゃんと話を聞いてくれたり、解決策を考えてくれたりするので、感情にふりまわされるのではなく、感情を理解した上で、適切な行動をしていきましょう。

なお、感情に振り回されたりすると、一気に寂しさなども増して、浮気などのリスクが上がるので、なるべく自制できるようにしておきましょう。

32画を上運にもつ人

32画の上運をもつ人は、締めるところはしっかり締めることが0歳から32歳までの大きなテーマとなります。

この運勢の人は、生まれながらにして、前向きでエネルギッシュであり、目標などもしっかり持てる人です。

故にその人のビジョンの大きさに人があつまり、豊かな人間関係の中で生活していくことが多いです。

ただ、少し浮き沈みが激しめの傾向があり、沈んでいる時はいろんなことがルーズになりやすいです。

しかし、ルーズさを棚に上げておくと、持ち前の前向きさが活かせず、お酒や異性、あるいは人間関係のトラブルが起きやすくなって、良い運勢が悪い方向に傾いてしまいます。

故に、ルーズさを棚に上げないで締めるところはしっかり締める、ということを意識してほしいと思います。

32画を下運にもつ人

32画の下運をもつ人は、他者を大切にすることが32~60歳までのテーマとなります。

この運勢の人は、この時期になってくると、自分のビジョンもしっかりできてきて、前向きに行動できるようになっていることが多いです。

それによって人間関係の豊かになってきており、周りから恩恵を受けることも多くなっているでしょう。

ただ、このタイミングで慢心して、他者を大切にすることをやめると、もともと他者から運勢をあげてもらっているこの運勢の支えがなくなって、落ちる一方になっていきます。

ゆえに、この時期に差し掛かったからこそ、一層他者を大切にし、感謝を忘れないようにしましょう。

もちろん他者からの不運というのもなくないですが、それでも他者を大切にすることで、やがて大きな成功が舞い込んでくることになるでしょう。

あわせてよみたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です