姓名判断49画の性格や適職とは?現役占い師が鑑定方法を公開!

49画 姓名判断

こんにちは、占い師詩織です。

占い師 詩織
占い師 詩織
49画の性格・適職・家庭運についてお伝えします!
占い師 詩織オススメの無料鑑定とは? 読みたいところから読んでくださいね!

姓名判断 49 画の性格とは?

姓名判断で49画を持つ人は、すぐれた知性と創造力を持ち、運動能力の面においてもいい才能を持っています。

考え方に柔軟性もあるため、常識にとらわれない行動でチャンスを入れることができるでしょう。

しかし、「4」は苦労の数字であり、「9」は才能に恵まれるがトラブルの多い数です。

そのため、人生の前半期はその才能を目上の人に見抜いてもらい成功していきますが、後半期になると、苦労やトラブルの多い運勢となります。

この苦労やトラブルの原因となるのが本人の移り気の多さです。

自分に才能があるためにそれなりにやっていれば成果が出てしまい、熱心に努力して成果を勝ち取ることの楽しさを理解していないことが多いのです。

故にやることにすぐ飽きてしまい、自分の経験とならずに後半期で苦労してしまいます。

自分の才能をさらに高いレベルまで磨いたときに見えてくるものがあるはずなので、そこまで少し我慢してやりこんでみましょう。

また、自分を引き上げてくれる年長者を見つける努力も怠らないようにしましょう。

その為にも1つのことに謙虚に向き合うことが大切になります。

なお、お金の面でも苦労が多い運勢なので、稼げるときにちゃんと貯蓄しておくことも大切です。

  • その他画数はこちら
1011121314
15161718192021
22232425262728
29303132333435
36373839404142
43444546474849

49画を天格にもつ人

49画を天格にもつ人は、苗字が49画ということなので、この家系の人は豊かな才を年長者によって見抜かれて成功への道を歩んできました。

早い段階で独立をして、成功を手に入れてきたでしょう。

ただ、自分の才能を信じすぎてアピールを怠ったり、意思を明確にできなかったりすると失敗をしてしまうこともあるでしょう。

また、才能があるあまりに自分の鍛錬を怠って、晩年に没落する傾向が強まるので、なるべく自分自身の才能だけで満足せず、才能の上を行くよう意識的に努力する必要もあるでしょう。

故にこの家系の人は、才能におごらずに努力して目上の人に誠実に生きていく必要があります
そして、運気が下がりやすい晩年に努力の成果が運気の下がり幅に現れるので、コツコツと努力をし続けるようにしましょう。

なお、金銭面では上手くいっている時こそいいですが、普段や状況が悪い時に恵まれる金銭運を持った家系ではないので、ためられる時にためて辛い時をしのげるようにすることも大切です。

なお、周りの人を日ごろから大切にしておくと、晩年のピンチの時に助けてくれることがありますので、ちゃんと周りの人も大切にしましょう。

49画を人格にもつ人

49画を人格にもつ人は、人生の中盤での運勢などに49画の性格が出やすいということなので、頭がよくて運動神経にも恵まれており、おまけに想像力もあるという才能の持ち主です。

何をやらせてもこなしてしまう器用さを持ち、トークにしても巧みな話術で周りを魅了するでしょう。

自分に対しての自信もあるので決断力も抜群で、思い付きの行動をしても上手くいくような強運に恵まれます。

自信をもって人生の目標に突き進んでいると年長者から高い評価を受けて成功のための道に引き上げてもらえるでしょう。

ただ、晩年にかけてその強運が衰えてくる傾向があり、上手くいかなくなりやすいです。

その時に助けになるのが若い時の自分の努力で、若い時にちゃんと才能に怒らずに努力していたかが晩年の安定に現れます。

そのため、なんでもこなせるからと言って自分の才能を磨くことをさぼると後後になって後悔することになるかもしれません。

クリエイティブな仕事に向いていますが、他人を助けるような徳を積んでおかないとこちらも短い成功で終わってしまいます。

49画を地格にもつ人

49画を地格にもつ人は、人生の幼少期の運勢や周りから見た自分の印象などに49画の性格が出やすいので、幼少期のときから、才能に恵まれ並大抵のことはほとんど出来た人が多いでしょう。

自分の才能が故に自分で自分をアピールしなくても他者が自分のことを祭り上げて成功していくこともあります。

しかし、ちゃんと自分のやりたい方向性を見つけられない危険性もあり、それは自分の才能をちゃんと磨くことができないことにもつながってきます。

才能を磨くことができないと、ちゃんとした人生の指針を得る経験を逃してしまい、順風満帆だった人生の前半に比べて晩年で苦労が多くなります。

特に金銭面では苦労することが多くなるでしょう。

そうならないためには自分でやることはしっかり自分で決め、自分にとって必要な才能をちゃんと磨いていくことが必要です。

そうすることによって人生の経験を得るチャンスも広がっていき、晩年の運気の低下を防ぐことができます。

金銭面ではお金があるときにむやみやたらに使わず、計画的に貯金しながら使うことで金銭面の苦労も防ぐことができます。

49画を外格にもつ人

49画を外格にもつ人は、ある程度成長してからの自分の周りの環境などに49画の性格が出やすいので、自分の周りは才能に恵まれていて自らアピールしなくても評価してもらえそうな人が多くいるでしょう。

ただ、才能にあふれる人でも方向性が定まっていない人が多いので、相手の才能を見ていいところを盗みつつ、自分の目標にしっかり立て、その目標に向かって一身に努力することで、この環境の中でも成功を勝ち取っていけます。

しかし、ワンマンプレイもいいですが、相手のやりたいことの方向性を引き出してあげて相手に明確な目標を作るように誘導できると、自分一人で努力するように才能の力を借りられるので、より自分の成長を見込めます。

そうして周りと協力しながら成功を手に入れていくという方法もあります。

いずれにしても才能のある人たちをいい意味で利用することで、自分にメリットのある行動はいくらでも取れるので、自分には才能がないと悲観しないようにしてください。

なお、晩年に相手の運勢が悪くなる中でも手を差し伸べられるような器も磨いておくと、人の上に立つ人望も手に入れられるようになるでしょう。

49画を総格にもつ人

49画を総格にもつ人は、人生の晩年期の運勢や年を重ねるにつれて出てくる雰囲気に49画の性格が出やすいので、成長するにつれてだんだんと才能にあふれたオーラが出てきます。

この運勢では早いうちからこのオーラを獲得することが多く、出世運も出てきて大きな苦労をしなくても、50歳ぐらいまでは話がトントン拍子成功を手に入れていくでしょう。

ただ、その後は衰退していく運勢であるので、才能におごらずに努力し続けた人や健康面、金銭面で先のことをしっかり考えて行動していた人が最終的に成功を手にし続けられます。

その傾向はどんなに才能があっても防ぐことはできないでしょう。

アドバイスとして、やはりまずは自分がやるべきことに努力を欠かさないことが大切です。

努力をすることによって経験を得ることもでき、それが人生の選択肢となって晩年に助けてくれます。

また、自分の周りの人に誠実に生き、そして周りのことをもって行動することが大切です。

もちろん自分のやりたいことは明確に持っていていいですが、自分だけ良ければいいという考え方だと、晩年の衰退傾向を強めてしまいます。

やはり運は他者によって運ばれてくる部分があるので、他者を大切にすることでピンチの時でも助けてくれることがあるでしょう。

49画を社会運にもつ人

49画を社会運にもつ人は、自分の社会での立ち回りや仕事運、適職などに49画の性格が出やすいので、この運勢の人はいろんな面で高い水準の結果を出せる才能を持っています。

中でもクリエイティブな仕事、芸術系の仕事には適性があり、常識にとらわれない柔軟性で良い作品を生み出していくでしょう。

目上の人がいる環境の方が引き上げてもらって成功に近づくことが多いので、自分が学ぶことのできる目上の人を見つけるとどんな仕事でも早めに成功するでしょう。

ただし、晩年まで成功運が続くことが少なく、晩年には金運をはじめ働いて得られるものが少なくなっていく傾向があります。

下がり幅を少なくするには才能をさらに高い水準に引き上げる努力と、日々の出来事の経験が必要です。

才能があるがゆえに失敗することになれていなくて、失敗の経験が乏しいのがあだになることもあるので、高いレベルに飛び込んで挫折も経験したほうが人間的にも成長できるでしょう。

そうして手に入れた経験による成長は衰退気味となる成長の大きな味方となり、安定感をもたらしてくれるようになるでしょう。

なお、いくら社会で上手くいってもお金は有限なので、ためられる時にためておいた方がいいでしょう。

49画を家庭運にもつ人

49画を家庭運にもつ人は、自分の生まれ育つ家庭とパートナーと作っていく家庭に49画の性格が出やすいので、家庭の中で自分より子供やパートナーの立場が強くなっていく傾向があります。

しかし、その方が家庭としては上手く行きやすいです。

なぜかというと、この運勢を持つ人は才能面ではかなり恵まれたものを持っているため、自分のパートナー、家族関係なく周りをつぶしてしまう危険性があります。

そんな中で相手の立場が強いことでバランスが取れるので、家庭としては良いバランスで円満に過ごせるでしょう。

外では求められるものも大きく、努力も欠かさないようにしないといけない大変な運勢を持っていますが、家庭では尻に敷かれるくらいで趣味を中心に生きたほうが、気持ちが楽になれるでしょう。

また、家庭をにぎやかにして家族同士が孤独を感じないように工夫すると家庭運はさらに良くなります。

なお、金銭面では計画的に使わないと後々困りやすいので、計画的な貯金をしましょう。

49画を上運にもつ人

49画の上運をもつ人は、目的を定め、さらに才能を磨くことが0歳から30歳までの大きなテーマとなります。

この運勢の人は、生まれながらにしてすぐれた才能を持っており、並大抵のことは難なくこなせてしまいます。

しかしすぐれた能力を持つことで、努力の大切さや楽しさが分からず、やり始めてもすぐ飽きてしまうことが多いです。

そうして自分の才能を磨かないと、才能を活かしきれず晩年に公開をするので、この時期からやるべきことを定めてその方面の才能を磨いていくことを大切にしてください。

そうすれば、より高いレベルで成功を収める可能性がある人です。

49画を下運にもつ人

49画の下運をもつ人は、他者のために行動することが30~60歳までのテーマとなります。

この運勢の人は、早いうちから成功を収めた場合も多く、そうでなくでも成功に近い人が多いでしょう。

しかし、成功が早くやってくる分晩年の衰退傾向も残念ながら早くやってきます。

衰退期に差し掛かった時、頼れるのは今迄の人生の経験と他者の助けだけです。

なので、日ごろから努力することはもちろん、他者のために行動することを心がけて早くから徳を積むようにしましょう。

その時は自分に全くメリットがなくても、ピンチの時に助けを得られることが多くなるので、将来のためだと思って献身的に行動していきましょう。

あわせてよみたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です