姓名判断

姓名判断34画の性格や適職とは?現役占い師が鑑定方法を公開!

34画 姓名判断

こんにちは、占い師詩織です。

姓名判断で34画を持つ人の、性格や適職についてご紹介します。

読みたいところから読んでくださいね!

姓名判断 34画の性格とは?

姓名判断で34画を持つ人は、若くして才にあふれ、決断力があるので早くから成功する運勢を持っています。

慎重派タイプではありますが、その分頭の回転の速さで、いろんな可能性を志向し、決断を速めているため、慎重派タイプにありがちな、スピードの遅さもカバーできます。

人も大切にするので、人間関係も恵まれるでしょう。

ただ、この運勢は完全な吉運ではなく、半分吉といえるぐらいの運勢だといえます。

もともと、「3」という数字は、「希望や発展」というプラスのイメージなのですが、そこに恵まれにくい「4」が付くことで、やがて困難を招く可能性が高いからです。

「34」という数字の運勢では、若い時から成功するような実力の発揮の仕方をするのですが、晩年になるにつれて、些細なことから失敗を重ねてしまって、不運の方向に転がっていきやすいです。

 
故に、どんないいことや成功があったとしても、揺り戻しが来ることを警戒して、気を引き締めなければなりません。

特に、他者に対して温情を持っているこの運勢の人は、同時に自分が強い傾向があるので、信頼はされますが、調和という意味では乱すこともあるため、他者との協調には気を付ける必要がありそうです。

才能を持っているからこそ、そこに慢心しないように気を付けましょう。

34画を天格にもつ人

34画を天格にもつ人は、苗字が34画ということなので、家系としては、昔から、頭が切れ、いろんな可能性を視野に入れながら、商売をするような人として繁栄してきました。

若い時から成功してきた人が多い家系で、援助などにも恵まれる傾向があります。

しかし、自我が強いところがあるため、若い時は若さゆえに勢いとして受けいれられていたものが、だんだんと年を重ねるにつれて受けいれられなくなってきて、不和を起こしていく可能性があります。

そうして、人のつながりが薄くなってきた晩年に、無理な方法を通してしまって、ささいなミスから、一気に転落ということがよくある運勢だといえます。

故にこの天格を持つ人は、若い時にいきなり成功した人ほど、どんな困難が来るかわからないと気を引き締める必要があります。

人間関係などもやってもらって当たり前ではなくちゃんと感謝の気持ちを表したほうがいいでしょう。

そうでなくても、人の中にいるときに周りとの調和を大切にした方がいいと思います。

もともと、他者に対しての愛情はあるほうなので、それをしっかり態度で示していきましょう。

34画を人格にもつ人

34画を人格にもつ人は、人生の中盤での運勢などに34画の性格が出やすいということなので、かなり頭の回転が速く、行動派ではないのですが、その分瞬時にいろんな可能性を考慮に入れられるので、行動のスピードが落ちにくく、安定した決断力で物事を前に進めていけます。

大胆にも見えるその核心に裏付いた行動で、一気に成功をつかみ取るでしょう。

ただ、人に対しての想いはしっかりありますが、論理主義的なところがあるので、周りからは冷たくみられることもありそうです。

損得勘定なども、ちゃっかり行うので、ケチな面もあるかもしれません。

しかし、やるべきことに対しての情熱はしっかり持っているので、その面で支援してくれる人は多いでしょう。

ただ、その情熱が衰退してくる晩年に、大きく転落するようなことが起きやすいので、気が緩んでいる人ほど要注意だといえます。

人との関係性は大切にして、行動していくことが必要になるでしょう。

また、元々持っている慎重さを、緩ませないようにして、先々まで見通していくよう可視性も必要です。

34画を地格にもつ人

34画を地格にもつ人は、人生の幼少期の運勢や周りから見た自分の印象などに34画の性格が出やすいので、幼少期から、友人が多く、1つのものに対しての情熱を買われることが多かったでしょう。

故に、なにかをやる際の情熱が人並外れていて、一気に成果を呼び込むほどの力を持ちます。

加えて、単純に情熱から猪突猛進してしまうようなタイプでもなく、頭の回転が速く、しっかり周りを見て、活かせそうなものを活かして、自分の利益にしていくこともできるので、早くから頭角を現します。

状況を見ることができて、かつ周りを引っ張ることもできるので、人の上に立つことも多く、早くから独立して、成功していくことでしょう。

ただし、義理人情がある割には、他者に対して、温情をかけることをしない傾向があり、少しケチであったり、冷たく思われたりする傾向が強いことから、晩年に揺り戻しが来やすく、年をとった後に、何かの拍子に足元をすくわれることがありそうです。

そのため、他者との関係性をどうとっていくかで、晩年の衰退期が起こるか怒らないかが大きく変わってきます。

自分中心になりやすい傾向があるので、なるべく周りとの調和を図って行動していく必要もあるでしょう。

34画を外格にもつ人

34画を外格にもつ人は、ある程度成長してからの、自分の周りの環境などに、34画の性格が出やすいので、自分の周りは、若くから才があり、目標に向かっていろんな可能性を考えながら積極的に進んでいける人が多いでしょう。

このような人が周りに多いと、あまりやる気が起きなくなりがちですが、一方で、この人たちは結構我が強く、周りとの協調を図れない傾向にあるので、その潤滑油の様な役割を果たすと、組織の中で、なくてはならない存在になれます。

特に、若くから、この人たちが才能をふるっているので、そこに下手に太刀打ちしようとせず、その恩恵を受けるように立ち回り、足りない部分を補っていくと、この運勢の人も若くから成功の道を歩めるでしょう。

ただ、大体晩年で周りの人たちの勢いが衰退してくるので、そこまでに見て学んだものを活かして、自分のギアをあげ、いろんな可能性を考慮に入れて積極的に行動していくと、採取的に周りの栄光を追い抜ける可能性があります。

この運勢の人はどうしても周りが輝いているがゆえに、控えめであったり、目立たなくなったりしやすいですが、こうやって自分をいいポジションに置きながら、虎視耽々と自分のチャンスを待つことができると、最終的に、大きな成功をつかむことができます。

34画を総格にもつ人

34画を総格にもつ人は、人生の晩年期の運勢や、年を重ねるにつれて出てくる雰囲気に34画の性格が出やすいので、成長するにつれて、頭が切れ、状況判断がよく、そして情熱をもって成功をつかんでいけるような雰囲気を醸し出します。

ただし、この運勢の場合は、比較的早く、その雰囲気が出ることが多く、成功も早くつかむことが多いでしょう。

しかし、なぜ早めに運勢が出るというと、この運勢自体が、早熟傾向の兆しが強く、同時に晩年の衰退傾向も強いためです。

そのため、早熟であることに気づかずに、自分の力に慢心し始めると、衰退が早く、そして大きくなりやすくなるでしょう。

しかも、元々持っていた冷静で積極的な行動力は、ある意味自分の冴えた状況判断からくるものなので、衰退傾向になるにつれて、冷静に判断ができないのに、強引に行動をし始めることは増え、結果的に悪い方向にどんどん進んでいってしまいます。

そのため、自分の力をしっかりと把握して、県境に行く必要があるでしょう。

また、衰退してきたときに、助けになるのは、人とのつながりですが、若い時に強引な態度、もしくは冷たい態度をとっていると、晩年で人間関係を作れず、苦労しやすいので、若い時から、意識して人間関係は大切にしていきましょう。

34画を社会運にもつ人

34画を社会運にもつ人は、自分の社会での立ち回りや仕事運、適職などに、34画の性格が出やすいので、この運勢の人は、若くから社会的に頭角を現すことが多く、情熱があるために、周りからの恩恵も受けやすくなるでしょう。

そんなこの運勢の人は、やはり、その抜群の情熱と、才能を活かして、独立し、自分で道を切り開いていくような道に進む方がいいでしょう。

頭の回転が速く、しっかりと自分のビジョンを持って進んでいけるので、大きな幸運が待っていますし、そのスケール感のおかげで、多少思いやりに欠けても人がついてくる傾向があります。

ただし、早くから成功する分、早く結果が出なくなる時が来ます。

そうなってくると、自分を強く押し通し始め、不要なプライドで周囲の調和を乱し始めます。

今まで周りを引っ張っていた強さが、周りを締め付ける鎖に変わっていくので、途端に一気に運勢が落ちていってしまうでしょう。

故に、この幸運を長く持続させるためには、他者を重んじて協調を大事にし、時代の変化や流行りの変化とともに、柔軟に変わっていく必要があります。

そうしないと、ただの流行りの幸運で終わってしまいます。

34画を家庭運にもつ人

34画を家庭運にもつ人は、自分の生まれ育つ家庭と、パートナーと作っていく家庭に、34画の性格が出やすいので、自分の家族に対して、情熱と愛情をもって接しますが、必ずしもそれがいい風に受け取られるとは限りません。

若いうちは、それは割といいように受け取られがちですが、年を取るにつれて、ただ単純に厚かましさに変わっていってしまうことも多く、それによって、家族の信頼を失う可能性もあります。

特に、この運勢の人はある程度成功おさめやすいため、その分、周りの考え方の根底にある者が時代や環境とともに変わっても、自分の考え方を曲げられない傾向があるので、その考え方を押し付けてしまいがちです。

特に相手が家族ですので、遠慮なく指摘したり、急かしたりしやすいので、一層気を付けて、家族であっても、尊重すべき他人であることを忘れないようにしましょう。

ちゃんと協調を図り、それでいてちゃんと愛情を伝えられるようになれば、良い関係を築ける可能性は多分にあるので、ちゃんと気を付けていきましょう。

34画を上運にもつ人

34画の上運をもつ人は、成功しているからこそ謙虚に、が0歳から30歳までの大きなテーマとなります。

この運勢の人は、かなり頭が切れる方で、冷静な状況判断と、的確な行動をしっかりやって、自分の情熱のあるビジョンをしっかりかなえていける人です。

しかも、それらを早くかなえるだけのスピードも持っています。

ただ、成功し続けるからこそ得られないものもあって、自分の中で慢心したり、傲慢になったりすることにつながっていってしまうかもしれません。

故に、自分の成功を長く持続させるためにも、成功しているからこそ、謙虚に、を意識して生きていきましょう。

そうすれば、衰退する可能性のある晩年の落差を少なく、もしくはなくしていけるでしょう。

34画を下運にもつ人

34画の下運をもつ人は、他者に思いやりを持つことが30~60歳までのテーマとなります。

この運勢の人は、この時期になってくるとある程度の成果を出し、自分のビジョンも明確になって、勢いのある時だと思います。

ただ、同時に、周りに対しての思いやりに欠けはじめ、強引に物事を進めていこうとし始めるでしょう。

しかし、どんな時でも他人との関係というのは、人生に大きな影響を与えるもので、かなりの成功が期待できる時でも、他人との関係性をないがしろにしたために、落ちてしまうことだってあり得ます。

まして、この運勢は、実は成功してもそんなにながくないので、その成功を持続させるためには、他者への思いやりが必要不可欠になります。

勢いを落とさないためにも、周りは大切にして言った方がいいでしょう。

あわせてよみたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です