姓名判断

姓名判断30画の性格や適職とは?現役占い師が鑑定方法を公開!

31画 姓名判断

こんにちは、占い師 詩織です。

読みたいところから読んでくださいね!

姓名判断 30画の性格とは?

姓名判断で30画を持つ人は、慎重さの中にここぞという時の勝負強さを持っている人です。

いろんなことを器用にこなせる人でもあり、天性の直観力や想像力によって、その器用さは芸術面でも生かせるでしょう。

もともと、「0」という数字は、「すべてが無に変える」というマイナスのイメージなのですが、才能と発展を表す「3」という数字によって中和され、そのエネルギーの強さだけが出てきて、「30」という数字は良い運勢であることが多いです。

ゆえにすべてが「無に変える瞬間」をかぎ分ける能力がよく、そこをチャンスに変えて勝負できるだけの天性の直感を持っているといえるでしょう。

ただ、やはり、幸運にしても不運にしても大きいものが突然やってくるので、環境が急激に変わりやすいというのはあるかもしれません。

特に、ここで勝負すべき時だということが分かっていても、変化を恐れて現状維持を望むと、と途端に大きく落ちていってしまうこともあるので、勝負時に対する度胸は大切にした方がいいでしょう。

また、普段は慎重派ではあるこの運勢の人たちですが、勝負ごとになると途端に熱くなる傾向があり、ギャンブルや投資などはのめりこみやすいので、節度をもってするようにしましょう。

30画を天格にもつ人

30画を天格にもつ人は、苗字が30画ということなので、家系としては、昔から、少し極端から極端な方向へ突っ走りやすく、それゆえに、大きな成果が出た人と、一気に没落した人に分かれるかもしれません。

もちろんどちらも勝負強さがあって、大胆さもあるので、良いのですが、やはり、目先の利益にとらわれると、失敗しやすくなります。

このようにいい意味でも悪い意味でも大博打を打ててしまうのがこの運勢を持つ家系の人たちの特徴で、それゆえに吉凶が極端に出やすい傾向にあります。

安定した成果を望みづらく、栄えては衰えを繰り返してきた可能性も高いです。

この運勢の人たちが成功するには、まず自制心をもって普段から甘い誘惑に飛びつかずに、コツコツと努力することです。

特に、ギャンブルや投資などには気持ちが入りやすいので、上手く自制することが必要になりますし、堅実なことは意外と苦手なので、そこも意識してやる必要があります。

その上で、勝負時をしっかり見極めることが必要になります。

元々大胆さはピカイチなので、あとは勝負所を間違えないようにすることが大切だといえます。

なお、直感はあるほうなはずなので、ちゃんと欲ではなく直感を信じるようにするといいと思います。

30画を人格にもつ人

30画を人格にもつ人は、人生の中盤での運勢などに30画の性格が出やすいということなので、人生の経験を積むにつれて勝負師としての能力がついてきます。

少し影はありますが、もともと明るく前向きな性格であることが多く、周りに対しても気さくに接することができますし、想像力豊かなので、それによって周りを飽きさせないかもしれません。

普段の行動は慎重派で、勝負になると大胆に出ることから、少しギャップが強い人でもあるかもしれません。

ただ余計な勝負事で燃えすぎたりすることがあるので、必要な時以外はあまり周りが人付けるのはよくないです。

もし火をつけてしまうと、猪突猛進に突っ走っていってしまうので、時と場合は考えたほうがよさそう。

自分で自分をセーブするときもそうで、下手に闘志を燃やすと、周りが見えなくなるので、なるべく普段は慎重さと冷静さを保つことが必要になります。

出来れば、普段はコツコツ努力を積み重ねられるようになるとなお良しです。

直観力はあるほうなので、その直観力をたよりに、猪突猛進してでも総部に出る時なのかを見極めて行動していくことが重要になるでしょう。

30画を地格にもつ人

30画を地格にもつ人は、人生の幼少期の運勢や周りから見た自分の印象などに30画の性格が出やすいので、幼少期から、少し勝負ごとに縁があったのかもしれません。

故に勝負になると燃える人が多く、上手くやらないと冷静さを欠いて失敗してしまうことが多くなります。

また、タイミングを見誤っても同様に、失敗してしまうことが多くなります。

ただ、その勝負への大胆さは目を見張るものがあり、上手く自分を律して適切なタイミングでその勝負への大胆さを出せるようになると、その大胆さは勝負強さへと変わっていきます。

極端な面を持っていて、極端な状態に耐性があるので、貧乏でも家族を引っ張っていけますし、普段は無口であったと思ったら、特定の分野で突然一気に話し出すということもあります。

いずれにしても行動が大胆ですが極端なので、普段から自分を極端な行動に行かない様に律することが必要になります。

特にギャンブルや投資などにはのめりこみやすいので注意しましょう。

勝負強さがある運勢ですが、同時に失敗すると失うものも大きい運勢なので、出来れば自制を促してくれるパートナーがいるといいかもしれません。

なお、恋愛面でのパートナーを探す際も、むやみやたらにアタックすると引かれるので、コツコツ関係を築いていく中で、少しの大胆さを意識しておきましょう。

30画を外格にもつ人

30画を外格にもつ人は、ある程度成長してからの、自分の周りの環境などに、30画の性格が出やすいので、自分の回りは、少し極端な人が多いかもしれません。

ただ、人間的にめんどくさい人は少なく、基本的には明るい人が多いですし、楽しいことも何かとやりたがるので、一緒にいて楽しいことも多いかもしれません。

運勢的には少し、火が付いたときに真っすぐになりすぎる人が多いので、何かとしりぬぐいをさせられるかもしれません。

しかし、ここぞという時に大胆さは学ぶべきものがあるので、下手に抑制させずに、変なギャンブルをしない様にこちらが周りの田主名を轢いてあげるといいかもしれません。

そうすると、周りは独自の感性で成功をつかみ取ってくるので、巡り巡って自分に返ってくることも多くなるでしょう。

また、この運勢の中では、自分もここぞという時の勝負をする方が評価されやすく、また、それを人一倍見分けられるようになると、この集団の中でリーダーというポジションも見えてきそうです。

楽しく明るい人生を送れそうですので、行動のストッパー係を意識し、ちゃんとしたチャンスの時は自分も飛び込み、相手も行かせてあげるような立ち振る舞いをすると、より幸運が舞い込みやすくなるでしょう。

30画を総格にもつ人

30画を総格にもつ人は、人生の晩年期の運勢や、年を重ねるにつれて出てくる雰囲気に30画の性格が出やすいので、成長するにつれて、慎重ですが、勝負事で大博打を打ちがちな人になっていきます。

基本的に幸運なのですが、タイミングを見誤ると、一気においていきやすくなりますので注意が必要です。

雰囲気としては派手であったり、目立ちたがりであったり、楽しい人であったりと、陽の雰囲気を纏うことが多く、いろんな人にも優しくできて、少しの失敗も周りが受け流してくれるような明るい雰囲気感に恵まれやすくなります。

ただ、だからと言って自分を律しないようにすると、どんどんお金を使ってしまったりするので、普段は慎重に、ここぞという時だけ、大胆に動くことを心がけましょう。

また、テンションが落ちていたりすると、周りに不快感を与えるほどの負のオーラを出すこともあるので、この面でも自分を律したり、変に他人にわかってもらおうとしないようにしてください。

負のオーラを出すぐらいなら、他人に話して解決させた方がいいでしょう。

また、想像力と直感力があるので、なにか1から創作したりしても、勢いがあって面白いものができるかもしれません。

30画を社会運にもつ人

30画を社会運にもつ人は、自分の社会での立ち回りや仕事運、適職などに、30画の性格が出やすいので、この運勢の人は、ここぞという時の勝負運に優れているので、大胆な行動が求められる役職に向いています。

その意味では時に大胆な決断が必要なリーダーなども向いているといえますが、若いうちは、衝動に我慢ができずに、余計なところでも勝負を仕掛けに言って失敗するパターンがあるので、この運勢の人をリーダーにする場合は、冷静に判断できる人をサブとして付けたほうがいいでしょう。

また、この人自身が陽気で明るく、失敗などをしたとしても周りが憎めないような性格をしていることが多いので、ある意味タレントなども向いているかもしれません。

そうでなくても、自分の明るさやフレンドリーさが前面に出てこられるようなポジションや環境の方がこの人にとっていい効果をもたらすでしょう。

ただし、落ちている時のテンションの落差が激しいので、テンションが落ちている時の自分自身へのケアに気をつける必要があるかもしれません。

この人自身が着実な努力ができるようになるとともに、衝動を抑えられるようになると、仕事面で対生しやすい傾向があります。

30画を家庭運にもつ人

30画を家庭運にもつ人は、自分の生まれ育つ家庭と、パートナーと作っていく家庭に、30画の性格が出やすいので、家庭内が明るく、にぎやかなムードで、外から訪問客がたくさん来るなど、人の出入りも多い家庭かもしれません。

また、外出も好きで楽しいことをどんどんやる家庭なので、楽しい家庭であることは間違いないでしょう。

ただ、この家庭運を持つ人が若干やりすぎる時があり、それゆえに、お金の浪費などにもつながっていく場合があるので注意です。

また、この家庭の人は基本的には陽気で、明るく憎めない人が多いですが、テンションが落ちてしまうと、手が付けられないほど落ちる可能性があるので、そうならない様に普段から自己管理はしておきましょう。

そして、あまりにも陽気すぎるときに家族の気持ちを上手くくみ取れなかったりもするので、明るいコミュニケーションだけではなく、時に本音のコミュニケーションも必要でしょう。

それさえできれば、基本的に風通しもよく、人間関係も良好なので、楽しい家庭運になると思います。

基本的に度を超えないように気を付ける必要があるということでしょう。

30画を上運にもつ人

30画の上運をもつ人は、勝負心を律することが0歳から30歳までの大きなテーマとなります。

この運勢の人は、勝負強さがあり、ともすれば一気に成功まで駆け上がれるような大きな運勢を持っています。

しかし行動が極端で不必要な時に変なことをしやすい面もあります。

特に勝負などになるとすぐに食いついてしまって失敗することも多いです。

故に、この運勢の人は、適切な勝負のタイミングを見極めるために、普段から不必要な勝負をしないことを心がける必要があります。

ギャンブルや投資な度に不必要に手を出さないこともそうですし、恋愛などでも、自分の感情の高ぶりだけで相手にアタックしないでちゃんと状況を見ることが必要になります。

30画を下運にもつ人

30画の下運をもつ人は、好機を逃さないことが30~60歳までのテーマとなります。

この運勢の人は、今まで人生を歩んできて、それなりに大胆な行動もとれるようになっていますし、それで成功をつかんだ人もいるかもしれません。

ただここからの人生、一層好機を逃さないことが重要になります。

特に年を重ねていくと、だんだんとプライドや守るべきものも増えていって現状維持を望みたくなりがちですが、勝負すべき好機で勝負しないと、その安定も崩れ去ってしまう恐れがあります。

故に常に好機をつかめる状態で自分を整えておく必要があるでしょう。

あわせてよみたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です