姓名判断

姓名判断26画の性格や適職とは?現役占い師が鑑定方法を公開!

姓名判断26画

こんにちは、占い師詩織です。

読みたいところから読んでくださいね!

姓名判断 26画の性格とは?

姓名判断で26画を持つ人は、真面目で、頭が切れ、積極的に努力していくことで発展していく強運の持ち主です。

「2」の画数は不安定さにつながるマイナスな意味を持っており、それにさゆうされるためか、良い運勢と悪い運勢が極端に来やすいです。

特に、「6」という画数は、元々大きな徳を備えているため、「26」という画数になることで、「2」の極端さと合わさり、正義感などが強い方向に働きやすいのですが、反対に目の前の欲に弱くなる傾向もあります。

故に、自分の信念を貫いて、コツコツ努力した人は成功しやすくなりますが、反対に、目の前の欲にとらわれてしまった人は失敗が大きくなるといえます。

なおこの人自体はお人好しで責任感が強いタイプなので、弱きを助け、強きをくじくような、ヒーロータイプになりやすいです。

才能はしっかり持っており、頭も回るほうで惹きつける目を持っています。

ただし、多少ヒーローに憧れている部分が強くなるので、自分が悪者にされると、短期になって怒り出すことがあり、間違えを認められないこともあるかもしれません。

26画を天格にもつ人

26画を天格にもつ人は、苗字が26画ということなので、家系としては、不安定中で立場が定まらず、ピンチになると、一致団結して、乗り越えてきたような家系です。

ただ、それによって自分の逆境力を過信しすぎる傾向があり、ピンチを呼び寄せる体質を多少持っていそうな家系だともいえます。

この家系の成功のパターンとして、理想を強く持ち、その理想を曲げないで、コツコツ努力し続けた人で、決して突然成り上がることはありません。

ましてや、突然英雄のような扱いをされることは少ないです。

ただ、この家系はそれを望む傾向があるので、自分が目立てる目先のチャンスにおぼれて、大局を見ることができず、結果として今までやってきたものをミスの泡にしてしまうような行為をして失敗する可能性もあります。

そうならないためには、やはりもともと持っている自分の芯のつよさを信じ、来る日も来る日も努力し続けることが必要でしょう。

なお、この家系は、子供に関して正義感の強さから悩むことが多く、上手くコミュニケーションをとれないと、苦労が多くなってしまう傾向があるでしょう。

26画を人格にもつ人

26画を人格にもつ人は、人生の中盤での運勢などに26画の性格が出やすいということなので、頭の回転が速く、物事に対する観察力も高いので、能力的に頭打ちになることは少ないです。

ただし、神経質な部分が出るので、ともすれば嫌がられたり、面倒くさがられたりすることはあるかもしれませんが、基本は義理人情にも厚い人だといえます。

自分をより大きい存在にして目立ちたいという欲や、他者に必要とされたいという欲が強く、それが転じてコツコツ努力できれば、元々の限界能力の高さから成功する可能性はグッと上がりますが、一方で、自分が目立つことや、必要とされることに固執して、目先の欲に飛びついてしまうと、ずるずると失敗を続けることになりそうです。

特に、自分が目立つチャンスで意固地になってしまうこともあるため、いかに自分の欲を押さえて、本来目指すべき方向性からズレないかがポイントになるでしょう。

なお、この運勢の人は、自分の運勢の波の大きさと同じように、物事に対する視点の変化が大きい傾向にあります。

ある日はかなりポジティブなのに、別の日はネガティブになるという、少し周りから面倒くさがられるような、性格傾向があるので、浮き沈みは仕方ないですが、それで周りを振り回しすぎない様に気を付けましょう。

その波の大きさを理解してくれるパートナーを見つけられるといいかもしれません。

26画を地格にもつ人

26画を地格にもつ人は、人生の幼少期の運勢や周りから見た自分の印象などに26画の性格が出やすいので、幼少期から、アニメをよく見ていたとか、小説をよく読んでいたとかで、ヒーロー、ないしはヒーローのようにかっこよく活躍する姿を理想とすることが多いです。

故に、見た目からそういう雰囲気があり、目などが凛々しいこともあるので、周りからそういうことを期待されますが、本人が自分に酔ってしまうことがあるため、上手く自分を律しないと、この期待感の中で上手くいかない傾向があります。

ヒーローと同じように、正義感や責任感は人一倍強いので、その正義感と責任感を上手く使い、自分がやるべきことに向かって、ただひたすら努力することができれば、上手くいく可能性は上がるでしょう。

特に、能力的にそれができるだけの力がある人なので、努力を怠らないようにすべきでしょう。

もし努力を怠って、目先のカッコよさに飛びついてしまうと、一気に失敗の方向に転がり落ちてしまい、波乱万丈な人生を送ります。

例として、芸能界で突然売れて、それで天狗になってすぐ落ちた芸能人の様な沈み方をするので、そこでちゃんと周りからのちやほやに惑わされずに、努力できるかが自分をカギになりそうです。

なお、幼少期に、少し親がちゃんと話を聞いてくれなかったり、寂しい思いをしたりした人が多く、自分の弱さをちゃんと見せられない人が多いので、信頼できる人を見つけて、弱みを見せられるようになると、努力すべきところとのメリハリがはっきり出て、よりコツコツ努力をしやすくなるでしょう。

26画を外格にもつ人

26画を外格にもつ人は、ある程度成長してからの、自分の周りの環境などに、26画の性格が出やすいので、自分の回りに、少し性格的に浮き沈みの激しい人が多いかもしれません。

それは自分の理想を高く持つがゆえになので、仕方ない部分ではあります。

しかし、このタイプは2種類に分かれ、現実に打ちのめされて、努力をやめてしまってただ、承認欲求の塊になっている人と、努力をコツコツしつづけるなかで、苦悩でうきしずみをしている人があるので、同じ浮き沈みの激しい人でも、ちゃんとコツコツ努力を続けられる人と、縁を持つことが何より大事になります。

どちらのタイプも多少批判的なことを言いがちで、弱みを見せてくれない傾向がありますが、ちゃんと努力している人は、目の凛々しさが違うので、自分を信じて進んでいるような目の人を信じてみてください。

なお、この運勢を持つ人は、努力努力とは言っていますが、意外と、頭を回転させて、工夫した努力を求められることも多いです。

故に、ただ一生懸命やっているだけでは、良い円にたどり着けなかったり、成功できなかったりすることも覚えておいてください。

また、恋愛関係でも相手が自分の気持ちを上手く出せないタイプであることがあるので、気になる人がいたら、自分からアプローチしていった方がいいでしょう。

26画を総格にもつ人

26画を総格にもつ人は、人生の晩年期の運勢や、年を重ねるにつれて出てくる雰囲気に26画の性格が出やすいので、成長するにつれて、自分の中の芯をしっかり持っている人になりやすいです。

ただし、一方で、自分の中に目立ちたがり屋が強くなってくる傾向もあるので、上手く欲を押さえて状況判断ができないと、ただプライドが高い人になりかねません。

状況判断の能力はあるほうだと思うので、それをちゃんと読もうとするかがカギになりそうです。

また他者に対して、優しくできますが、こちらもいい顔をしたいという気持ちがそうさせやすいので、いざ相手から助けの手がもらえたときに、相手の好意を上手く受け取れず、チャンスを逃しやすい傾向もあります。

努力家な部分があるからこそ、他人を頼ることに抵抗があるのでしょうが、結局かっこ悪くなりたくないという自分の欲でしかないので、やはり自分の欲とは格闘していくことになりそうです。

なお、ある程度の努力はできてしまう関係で、優しくできる割に、挫折する相手の気持ちを理解できないことがあるので、その点において、人間関係や子育てなどで苦労するかもしれません。

26画を社会運にもつ人

26画を社会運にもつ人は、自分の社会での立ち回りや仕事運、適職などに、26画の性格が出やすいので、この運勢の人は、元々努力ができる運勢のため、上手く大局を見られれば、リーダーでも補佐役でも、ある程度のことはこなせそうです。

ただ、目立ちたいという欲が先行しやすく、それによって上手くいかないことがあるので、どちらにしても、欲をしっかり押さえられないと、1人では務まらなくなることもあるかもしれません。

そういう意味では、上に立ったり、下にいてサポートするよりも、5~10人ぐらいのチームの一員として、メンバーと対等な関係になり、お互いに能力を磨いたり、成果を出し合ったりする方が向いています。

なぜかというと、競争相手や、協力相手がいることによって、自分1人の欲だけで他人を振り回せないという責任感が働きやすく、故に、自分の欲が抑制されたまま、コツコツ努力できる面が出てこられるためです。

故に、複数人で、同じ目標に向かって進めるような状況を作れると、相乗効果で上手くいきやすくなります。

特に、この人は潜在能力という意味でも高いものを持っているので、グループにとってもプラスの作用が働きやすくなるので、全体的にもいいと思います。

26画を家庭運にもつ人

26画を家庭運にもつ人は、自分の生まれ育つ家庭と、パートナーと作っていく家庭に、26画の性格が出やすいので、元々コツコツ努力するタイプで、能力の潜在値が高いのですが、家事育児などでは、気持ちなどが優先されやすい分野のため、努力では立ち行かず、自分が子供の場合は親、自分が親の場合はパートナーや子供と上手くコミュニケーションを図れないことが多くなります。

特に、努力で立ち行かなくなると、自分の欲に走りやすくなるこの運勢によって、より自分本位に動いてしまうこともありそうです。

ゆえに、お互いに不満が多くなってしまって、最悪の場合、別れるということにもなりかねません。

この場合でもやはり、この運勢の課題は自分の欲をいかに我慢できるかで、努力の方向が見えない中で、ちゃんと相手の気持ちに対して寄り添う努力をし続けられるかが大切になります。

どんなにつらくても、ちゃんと相手のことを考えて、行動すれば、失敗したとしても、蓄積が残るはずなので、頑張ってみてください。

26画を上運にもつ人

26画の上運をもつ人は、欲にのまれないことが0歳から30歳までの大きなテーマとなります。

この運勢の人は、才能に恵まれ、努力もしっかりできるタイプの人だといえます。

しかし、自分の中の目立ちたいという欲求が先行しやすく、それゆえに、努力を起こったてしまって失敗することが多くなります。

波乱が多い運勢なので、ついつい成果を焦って、目先の甘い罠に引っかかってしまいがちですが、そこで欲を押さえて大局を見られるようになると、一段と、自分の能力を活かして成功できるようになるでしょう。

26画を下運にもつ人

26画の下運をもつ人は、コツコツと努力し続けることが30~60歳までのテーマとなります。

この運勢の人は、ある程度承認もされてきていますが、それでいろんな甘い罠が自分の目の前で誘惑をしてきそうです。

特に、大人になって、財政的にも余裕ができているころなので、余計に軽率になりやすい事も多いでしょう。

しかし、こんな中だからこそ、より自分の目指すべき方向に向かって、甘い罠に引っかからずに努力を続けることが求められます。

波乱が大きい人だからこそ、ここでそれなりの成功で終わっていい人ではないので、努力をし続けることを忘れないでください。

あわせてよみたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です